金か命か、どっちが大事か?


働き方改革を政治主導で進めようとしているようだけれども、

プレミアムフライデーのような日を作ったって、祝日を増やしたって、

そんなの余計に働きにくくなるだけで、変わるわけがない。

なぜなら、働きにくいのは、システムではなく、職場(個人の集合体)が、原因なのだから。

働き方改革の話になると、思い出す話がある。

起業してからの、とある経営者の集まる異業種交流会でのこと。

先輩経営者として、その異業種交流会の主催会社の社長があいさつをした。

「経営者にとって、金か命か、どっちが大事か?」

と、切り出したのだ。その時点で、

は?

と、退出しようかと思うほど気分が悪くなった。

「金がないと会社が回らない。だから、経営者は、自分の命より金が大事だと言って欲しい」

という話で、キャッシュの重要性を説く比喩だろうけれども、

私に言わせれば、タチの悪い比喩だ。

心血注いだ会社を、経営者なら誰も潰したくない。

社員を路頭に迷わせたくない。

顧客や債務者への責任もある。

でもね、

会社が潰れたら社員は困るけど、仕事は他にもあるんだよ。

生きていれば、また挑戦できるけど、死んだら終わりなんだよ。

だから、会社倒産して、首を吊る経営者が出るんだよ。

「命より金だ」なんて、比喩でも平気で、恥ずかしげもなく人前で言うような人がいるから、

生きづらい人が多いんだよ、この国は。

他の国では、考えられない。

責任感という美徳ではなく、病的だ。

でも、よくよく考えてみると、恐ろしいことに、

気づかぬうちに、この異様なまでの責任感に支配されていた時が、

私にもあったように思うのだ。

それじゃあ、生きていること自体が、辛くなってしまうよね。