Uberの問題


今朝のUber experienceは、これまでと違い、あまり良いものではなかった。

というのも、最初、ピックアップポイントから4分先にいたのに、

そろそろ着くかな?と思い、アプリをチェックすると、なぜか、10分先に。

・・・なぜ、離れていくんだい?

と、電話してみると、なんだか訳の分からないことを言って、戻ってきた。

けれども、結局、20分以上待った。

配車してすぐにキャンセルしないと、キャンセル料が徴収され、ドライバーにもキャンセル料が支払われる。

だから、一度、配車すると、その車を待たなくてはならない。

実は、これが今、ガーナで問題になっているらしい。

キャンセル料狙いのウロウロ(笑)

今回は、「GPSが〜」とか言っていて、

そういう場合も確かにあるから、どちらだか分からないけれど。

Uberがガーナで利用開始になった頃、ドライバーが少なく、確保したいため、

乗客が見つからなかった場合でも、

1時間につき、20セディ(約500円)をドライバーに保証していた。

だから素晴らしい条件だと、たくさんドライバーが集まってきたらしい。

となると、今度は、乗客の取り合いになる。

今では、その保証もなくなり、運賃の25%がUberに徴収される。

ほとんどのドライバーが自分の車で運転しているわけではなく、借りているので、

インターネットデータ利用代と車代と、Uberに徴収される金額と・・・となると、

あまりお金にならないなんて声が上がっているらしい。

上手いマーケティングストラテジーではあるけれども、

う〜ん、25%はねるのは、大きいよなぁ・・・。

ボリュームが確保できたら、また下げるのかもしれないけれども。

こういう問題が発生した場合、Airbnbもだけれども、

カスタマーサポート体制が整っていないので、苦情をあげたところで、

返信もなければ、何の対応もない。

まあ、最初からパーフェクトなサービスはないから、

こういう問題をクリアしながら、より良いサービスになっていくのだろうな。