世界は自分の見方で変わる


ガーナで、「どこから来たのか?」と聞かれるとき、

必ず、「中国?韓国?」の順になる。

「日本」はなかなか出てこない。

そして、日本人だと告げると、「JICAか?」と返ってくる。

JICA関係者でないガーナにいる日本人なんて、きっと2-30人ぐらいだろうから、もっともだ。

道を歩いていて、「ニーハオ」と言われることを、

ガーナにいる日本人は差別的に、侮辱的に受け取って嫌がる人が多い。

という話をビジネスパートナーにしたら、

「別に悪気はないんだよ。

仲良くなりたいから、相手の言葉で挨拶して話そうとしているだけだから」

言われてみれば、その通りだ。

統計学的に、アジア人であれば、この地では、一番多いのが中国人、次が韓国人。

だから、中国語で挨拶を投げかけているのだ。

外国人を見て、私たちが、黒人や白人を見て、一目で出身地がわからないから、

英語話者かどうかわからないけれども、挨拶する時は、

「ハロー」と言うのと同じなのだ。

それを侮辱的に受け取るのは、

中国人と間違えられることを侮辱だと思う、受けて側の問題なのだ。

そう考えると、ものごとの受け取り方が変わってくる。

見える世界は、自分次第で大きく変わる。