食品を選ぶ基準


最近、つくづく思うのは、買い物するならば、やっぱりオンラインだなということ。

モノが売れない時代と言われますが、

実店舗で売られているものは無難なもの(ターゲットとなる消費者が広いがゆえ)が多く、

つまらないからというのもあるのではないかと思うのです。

洋服など、試着が必要なものは、実店舗で試着して、そのまま購入することもあれば、

重くなるような時には、まとめて後でオンラインで注文し、自宅まで配送してもらうこともあります。

こだわって作られた食品は、スーパーなどには並びにくいので、

インターネットで検索して試してみることが多いです。

例えば、最近見つけたのが、アーモンドミルク。

日本でもよく見かけるようになりましたが、

私が最初にアーモンドミルクを飲んだのは、ガーナに住んでいた時でした。

アーモンドミルクをスーパーで見かけて、また飲んでみたくなったのです。

え?ガーナでアーモンドミルク、なんてしゃれたもの売ってるの!?

って、びっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、国内の製造業が盛んでないので、スーパーなどの棚に並ぶような食品や飲料水は、欧米の様々なメーカーの物が入っているのです。

ガンを患って日本に帰国してからは、食べるものが一体何からできているのか、とても気になるようになり、表示は必ず確認するようになりました。

アーモンドミルク自体は、とても体に良いものですが、

なんだろう、この添加物・・・というものが多く、

なるべく添加物が少ないものを探していました。

ホンモノは体に良くても、

それに準じた大量生産品は、結局体に良いものではなくなっています。

残念ながら、スーパーやコンビニなど、身近に手に入るもののほとんどがそうです。

そんなことを気にしていたら、食べられるものがなくなってしまうし、

食費がとても高くなってしまうので、全てを避けることは不可能ですよね。

どこで線を引くかは人それぞれですが、

でも、だからこそ、できるところでできることをするって大事かなと思います。

ほとんどの消費者がパッケージの表に書かれた雰囲気で判断するので、

牛乳を買っているつもりで、乳飲料を買っている人、きっと多いと思います。

甘酒も良い例ですよね。

本当に麹だけの甘みのものもあれば、

砂糖や人工甘味料たっぷりのものも。

後者は、もう体に良いものではなくなっています。

ちなみに、私は、甘いものでヘタに砂糖なしというものは、絶対に口にしません。

砂糖ではなければ、何を使っているか?

ハチミツやメイプルシロップが好ましいですが、

そうではないカロリーオフの甘味料であれば、

むしろ、ちゃんと砂糖を使ったものの方が良いです。

自分が口にするものは、自分で選ぶ。

その軸を自分で作るのは大事だと思います。