令和の抱負


今年に入って、年初のお休み以来、仕事から丸一日離れた日がなかったので、

ゴールデンウィークは、ゆっくりさせていただきました。

長いかと思いきや、あっという間。

よく食べて、よく寝ました(笑)

そして、読書も楽しみました。

最近、執筆もあったせいか、書くことが疲れたのか、SNS疲れか、発信が疎かになっていたのですが、それではいけないなと反省。

自分の考えを多くの人にシェアし、繋がるせっかくの機会を活かさないのはもったいないし、

自分の想いを伝えることを疎かにしてはいけないなと思いました。

先日、サンジャポで女医の西川史子先生が語っている様子が放送された口伝(KUDEN )という、自分のストーリーを語る日本版TED のようなイベントのお手伝いをさせていただいているのですが、その時に、女性起業家の方が「想いを語る」ことの重要性を話していました。

想いだけで今があると。

でも、人を動かすのは、結局、想いなんですよね。

私は、人にお会いしてお話しする際に、自分の想いを丁寧に、一貫して伝えているか?と考えると、言っていないなとハッとしたのです。

例えば、必ずと言っていいほど、アフリカとのビジネスというと、アフリカへの貢献、援助というコンテクストで語られて、JICAボランティアでアフリカに行ったのか?とか聞かれるので、

「いえ、私、ボランティアとか興味ないんです、全く」

とか、つい雑に言ってしまうのだけれど(笑)、これでは私の意図は伝わらないわけで。

誰かのためにっていう方が、簡単で、

そして、それは一般的に弱者だと思われている人を指す方が受け入れやすいのだけれども、

私は、人のために何かをするっていう人が信用できないから、あまりその言葉を使いたくないなと思ってきました。

誰かのために何かをしたいのは、結局、自分がそうしたい(自己満足)のであって、

その人のためではないから。

でもやっぱり、それでは、何がDriven になっているのか伝えることができないから、

私は、アフリカで知った、教えてもらった豊かさを、

JUJUBODYという商品にのせて伝えることで、

日本の女性の生活を豊かにしたい。

そして、その向こうに、現地にも豊かな循環が生まれるようにしたい。

と、くどいぐらいに言っていかないといけないなと思いました。

なぜなら、私自身が、アフリカでの生活経験により私の人生がより豊かに、

そして、以前よりずっと楽に生きられるようになったから。

日本に戻ってきて、いかに同世代の女性が生きにくい想いをしているか、悩んでいるか、

そして、ああ、昔は自分もそうだったなと重ねるようになって、

そういう人に、何か自分ができることはないかと思うようになったからです。

自分は何度も言っているつもりでも、必ず初めて聞くという人もいるし、

人の言うことなんて、みんな常に100%注意を傾けているわけではないから、抜けていくしね。

このJUJUBODYに込めた想いを、

くどいぐらいに何度も何度も言い続けるようにしようというのが、私の令和の抱負です。