もう嫌


ガーナにいて、精神衛生を健康的に保つには、

全ての理不尽なことに、いちいち怒ったり、反応しないことだ。

そして、なるべく、その国の良いところに目を向けること。

でも、やっぱり、旅行者ではなく、その国に住んで何かをしたりしていると、

キレイごとだけじゃないよね

ということがあって、

“そんなキレイごとばかり言えないよね”

と、よく現地に住んだ人とは話すことがある。

今日は、まさにそんな日。

何の交通違反も犯していないのに、逮捕され、高い罰金を支払わされた。

250セディ、6000円近く。

議論すること、2時間。

払わないとどうなるか?

車にアクセスできない。

午後の予定が全部狂った。

月2万円ぐらいで生活する人なんかザラだから、どれだけ高いか、おわかりいただけるかと思う。

バスレーンに進入していたというのだが、バスレーンのサインが終わり、

路面の右折サインを確認して、右折するために、右折レーンに入った。

右折ポイントで信号待ちで止まると、目の前には、車が3台。

警察の車、中から何だかわからない組織の係員を乗せた車、普通の乗用車。

この訳の分からない係員(外部のコントラクターで、日本の駐車違反の取り締まりみたいな感じ)が、自分達から近い右折レーンにいた車を全部引き止めた。

遠いところにいる車はおそらく、バスレーンに侵入していると思うが、

近いところにいる車は、右折するために右折レーンに入っただけだ。

こういう時、ターゲットになるのは、

がたいの良いガーナ人が乗った大きい車か、外国人を乗せた車だ。

誰もが払える金額ではないので、

払えそうな人たちが代わりに連行されるという理不尽さ。

バスレーン終了のサインボードがあり、

そこからならば右折レーンに入って良いと主張するのだが、

バスレーン終了のサインボートなどはなかった。

だいたい、前にいるのは、3台だけだよ?

信号が青になるまで真ん中のレーンで待てっていうの?

そっちの方が問題じゃない?

後で、現場に戻って確認したけれども、そんなサインボードは、やっぱりなかった。

交通マナーを無視している人はいっぱいて、それを取り締まるのは良いけれども、

そうでない人に、理不尽な罰金を課して、

それを新たな収入減にしようとしているようにしか思えない。

同時に連行された女性は、

何も悪いことはしていないのだから、払わず粘ると言っていたけれども、

1週間拘束された人もいたから、時間の無駄になるんじゃないかと思う。

それとも、女性だからと、払わずに行かせてくれるかな?

あ〜あ、もうこの国には関わりたくない(泣)

 

 


世界は自分の見方で変わる


ガーナで、「どこから来たのか?」と聞かれるとき、

必ず、「中国?韓国?」の順になる。

「日本」はなかなか出てこない。

そして、日本人だと告げると、「JICAか?」と返ってくる。

JICA関係者でないガーナにいる日本人なんて、きっと2-30人ぐらいだろうから、もっともだ。

道を歩いていて、「ニーハオ」と言われることを、

ガーナにいる日本人は差別的に、侮辱的に受け取って嫌がる人が多い。

という話をビジネスパートナーにしたら、

「別に悪気はないんだよ。

仲良くなりたいから、相手の言葉で挨拶して話そうとしているだけだから」

言われてみれば、その通りだ。

統計学的に、アジア人であれば、この地では、一番多いのが中国人、次が韓国人。

だから、中国語で挨拶を投げかけているのだ。

外国人を見て、私たちが、黒人や白人を見て、一目で出身地がわからないから、

英語話者かどうかわからないけれども、挨拶する時は、

「ハロー」と言うのと同じなのだ。

それを侮辱的に受け取るのは、

中国人と間違えられることを侮辱だと思う、受けて側の問題なのだ。

そう考えると、ものごとの受け取り方が変わってくる。

見える世界は、自分次第で大きく変わる。

 


問題は、アルコールではない


アイドルグループ(と言っても、みんな40歳過ぎ)のメンバーが、

強制わいせつ容疑で起訴猶予された事件が、日本を騒がしている。

彼の、アルコール依存症にフォーカスが当たっているのが、不思議でならない。

それももちろん問題ではあるけれども、一番の問題は、

相手が未成年者だということに尽きると思う。

日本がロリコン社会だからか、問題が「アルコール依存症」にすり替えられているけれど、本当の問題は、子供を「性の対象」にして、傷つけたことにあるはず。

「気の合う女性で」と、あくまで「女性」と見立てようとしていたけれども、

16歳なんて、「女性」じゃないでしょ、「女の子」でしょ。

50歳近くの男が16歳の女の子と気が合うなんて、オカシイでしょ。

どれだけ幼稚なの?

そもそも、彼が彼女の電話番号を聞いた時は、シラフだったはず。

聞かないでしょ、そんな子供の番号を。

女子高生を責める声があるけれども、

成人した女性ではないからこそ、

芸能人から声がかかったら、番号を教え、興味本意でついていく、そんな子供を悪いと責められるだろうか?

著名人で、番組で共演した名も通った大人だったからこそ、まさかそんなことになるとは思わなかったのではないだろうか?

「夜、酔っている男性の部屋に行くのは危ないよ」と教えるのが、むしろ大人である彼の役目なのだから。

欧米だったら、小児性愛、”paedophile” で、社会復帰は不可能だ。

お酒でも、ドラックでも、個人の問題、病気でいくらでも何度でも社会復帰できるけれども、

「小児性愛者」の烙印を押されたら、世間の目は一気に変わり、許してはくれない。

それだけ、「18歳」の線を重視するのは、子供は、社会全体で守るべきものだからだ。

そこが、この問題の焦点にならない日本社会が不思議でならない。

 

 


Uberの問題


今朝のUber experienceは、これまでと違い、あまり良いものではなかった。

というのも、最初、ピックアップポイントから4分先にいたのに、

そろそろ着くかな?と思い、アプリをチェックすると、なぜか、10分先に。

・・・なぜ、離れていくんだい?

と、電話してみると、なんだか訳の分からないことを言って、戻ってきた。

けれども、結局、20分以上待った。

配車してすぐにキャンセルしないと、キャンセル料が徴収され、ドライバーにもキャンセル料が支払われる。

だから、一度、配車すると、その車を待たなくてはならない。

実は、これが今、ガーナで問題になっているらしい。

キャンセル料狙いのウロウロ(笑)

今回は、「GPSが〜」とか言っていて、

そういう場合も確かにあるから、どちらだか分からないけれど。

Uberがガーナで利用開始になった頃、ドライバーが少なく、確保したいため、

乗客が見つからなかった場合でも、

1時間につき、20セディ(約500円)をドライバーに保証していた。

だから素晴らしい条件だと、たくさんドライバーが集まってきたらしい。

となると、今度は、乗客の取り合いになる。

今では、その保証もなくなり、運賃の25%がUberに徴収される。

ほとんどのドライバーが自分の車で運転しているわけではなく、借りているので、

インターネットデータ利用代と車代と、Uberに徴収される金額と・・・となると、

あまりお金にならないなんて声が上がっているらしい。

上手いマーケティングストラテジーではあるけれども、

う〜ん、25%はねるのは、大きいよなぁ・・・。

ボリュームが確保できたら、また下げるのかもしれないけれども。

こういう問題が発生した場合、Airbnbもだけれども、

カスタマーサポート体制が整っていないので、苦情をあげたところで、

返信もなければ、何の対応もない。

まあ、最初からパーフェクトなサービスはないから、

こういう問題をクリアしながら、より良いサービスになっていくのだろうな。

 

 


進化と後退と


久しぶりに、ガーナに来ると、「変化」も分かりやすい。

「(スーツケースを載せる)トローリーは、無料なので、支払いを求める人がいても応じないように」というアナウンスが、入国審査待ちの間に流れたり、

空港のターンテーブルは4つしかないのに、なかなか出てこない荷物が出てこないのは相変わらずだけれども、陽気な音楽が流れてると思いきや、なんと、ライブミュージックの演奏だったり。

ガーナを訪れる人の経験を良くしようという志しが少し垣間見えるようになってきた。

ガーナに住んでいた頃には、まともなコーヒーが飲めるカフェなんて、数える程だったけれども、今は、随分増えて、FREE WIFIを提供するカフェも多くなった。

カフェでパソコンを広げて仕事をする人もいて、

都市部の生活は、世界どこでも差がなくなっていると思う。

そういうカフェのメニューは、日本と値段が変わらない。

いや、カフェラテで500円ぐらいだから、ドトールの方が、ずっと安いぐらいだ。

Uberもこの1年間で随分とドライバーが増えたようだ。

ドライバーに、Uberを使い始めてどのくらいかと聞くと、3-7ヶ月ぐらい前からという答えばかりだった。そのほとんどがタクシードライバーからの転身だった。

 

通常のタクシーよりも良い車体が多く、天気の悪い日などタクシーが目の前を通らない場所でも、目の前に配車ができるので、使い勝手が良い。

メーター制がなく、運賃で揉めることが多く、ハードルとなる組合や規制がないガーナだからこそ、広がりやすい。

少しずつ、「進化」が見られて、

きっと30年後には、全く違う光景が広がっているのだろうなと思う。

と、同時に、私たちが当初ファッションのオンラインショップを始めようとしていた頃に、

進出するという話が出ていて、その後実際に進出してきたMANGOなど、アパレル系のインターナショナルブランドは、既にモールから撤退していた。

他の靴や服のブランドも無くなっていたので、

目をつけた時期や目論見も同じだったけれども、この分野は時期尚早、または難しかったということだと思う。

モールのテナント料はとても高く、ほとんどのテナントは、家電メーカーに変わっていた。

変わらないのは、Vliscoやwoodinなどのオランダ資本のアフリカンファブリックブランドと、食糧品と日常品を扱う大手スーパーまたはディスカウントショップぐらい。

やっぱり、一筋縄ではいかないマーケットだと思う。


金か命か、どっちが大事か?


働き方改革を政治主導で進めようとしているようだけれども、

プレミアムフライデーのような日を作ったって、祝日を増やしたって、

そんなの余計に働きにくくなるだけで、変わるわけがない。

なぜなら、働きにくいのは、システムではなく、職場(個人の集合体)が、原因なのだから。

働き方改革の話になると、思い出す話がある。

起業してからの、とある経営者の集まる異業種交流会でのこと。

先輩経営者として、その異業種交流会の主催会社の社長があいさつをした。

「経営者にとって、金か命か、どっちが大事か?」

と、切り出したのだ。その時点で、

は?

と、退出しようかと思うほど気分が悪くなった。

「金がないと会社が回らない。だから、経営者は、自分の命より金が大事だと言って欲しい」

という話で、キャッシュの重要性を説く比喩だろうけれども、

私に言わせれば、タチの悪い比喩だ。

心血注いだ会社を、経営者なら誰も潰したくない。

社員を路頭に迷わせたくない。

顧客や債務者への責任もある。

でもね、

会社が潰れたら社員は困るけど、仕事は他にもあるんだよ。

生きていれば、また挑戦できるけど、死んだら終わりなんだよ。

だから、会社倒産して、首を吊る経営者が出るんだよ。

「命より金だ」なんて、比喩でも平気で、恥ずかしげもなく人前で言うような人がいるから、

生きづらい人が多いんだよ、この国は。

他の国では、考えられない。

責任感という美徳ではなく、病的だ。

でも、よくよく考えてみると、恐ろしいことに、

気づかぬうちに、この異様なまでの責任感に支配されていた時が、

私にもあったように思うのだ。

それじゃあ、生きていること自体が、辛くなってしまうよね。

 


帰らないのと、帰れないのは違う


米英仏が合同でシリアを攻撃するって、

誰を攻撃するのだろう?

アサド政権の「化学兵器施設」に対する局所攻撃っていうけれども、

イラクのときだって、結局、攻撃の理由となった大量破壊兵器なんてなかったように、

政権が国民を生物兵器で攻撃しているなら、とんでもない話だけれども、

今回のアサド政権による「神経ガス」攻撃だって、どの情報が本当で、どの情報がでっち上げか、わかったもんじゃない。

もう、誰も、米国の「正義」なんて信用していない。

結局、どこの国の争いごとにも、裏で、コマのようにゲームを動かす大国の思惑が動いていて、

彼らは、傷つくことなく、犠牲になるのは、一般市民なのだ。

2012年9月に初めて会った、一緒にMBAを勉強したシリア人の友人は、

当時、「ダマスカス(首都)は、全然平気よ。なんでもないわ」と言っていた。

イスラム教国だけど、夜はナイトクラブで女性もガンガン踊るような、働く女性も多い、とてもリベラルな国だという。

私も、彼女に会って、「イスラム教徒の女性」のイメージが変わった。

でも、その一年で、あっという間に戦局が広がり、深刻になり、

首都に住んでいた彼女の家族は、海岸へと移動したという。

夜中、悪夢で目を覚まし、眠れなくなった彼女と、そんなときは、たわいもない話をして過ごすこともあった。

みんなで海外を旅すると、大抵、入管で「シリア」パスポートはひっかかり(アフリカもね)、冗談を言いながら笑ったものだ。

卒業後、そのままオランダで就職し、今もオランダで暮らす彼女は、「難民」ではなく、幸運だとも言えるけれども、思いがけず、祖国に帰れなくなり、家族とも会えなくなった。

アサドが独裁者なのは、みんな知っている。

でも、政治なんかどうでもよくて、

ほとんどの人は、ただ平和に家族と暮らしたいだけ。

そう言っていた彼女が、

今日、フェイスブックに、昔の綺麗だったシリアの街の写真をあげていて、

このニュースをどんな気持ちで受け止めているのだろうと思った。

「帰らない」のと、「帰れない」のは、違うよね。

“How are you?” とは言えない私が、

「綺麗な街だね。いつか行ってみたいな」と言うと、

彼女は、「いつか案内するわ」と返してくれた。

 


自分と向き合うって?


よく、ヨガのクラスで、

“自分と向き合う”

という言い方を聞くのだけれども、その意味がよくわからなかった。

ここ最近まで。

「三角の光を胸から頭上に動かしましょう」とか、ヨガの先生に言われると、

ついつい、

「いや、光なんかないから」

リラックスどころか、むしろ、イラっとツッコミたくなるタチだからだ(笑)

ところが、2月に酷い風邪を引き、やっと2週間かけて治ったと思いきや、

また、3月にも、全く同じような風邪を引き、また治るのに、2週間かかった。

さすがに、なんでこんな風邪を引くのだろう?と疑問に思った。

そうして、振り返ってみると、日本に帰ってきてから、引いた風邪の全部が、

喉を痛める→鼻水が出る/つまる→咳が出る

のパターンだということに気がついた。

熱が出て、だるくて寝込む・・・とかではないのだ。

何でだろう?と考えてみると、ふと思い当たった。

忙しくなると、喉を潤す時間が少なくなる。

私の場合、唾液が出る菅を舌の切除手術のときに結んでいるので、

以前より、唾液量が減り、喉が乾きやすい。

それは自覚していたので、昔と異なり、常に何かを飲むようになっていたのだけれども、

忙しくなると、その飲み物をとる回数が自然と減るのだ。

だから、喉を痛めて、そこから風邪を引くのだ。

また、こんなこともあった。

去年は、花粉の時期、酷い肌荒れで、肌がボコボコになった。

今年は、みんなが「今年の花粉はヤバい」というのを聞いて、初めて、

「え?私、今年、大丈夫なんだけど」と気づいた。

去年と違うのは、今年は、モリンガパウダーを去年の倍、3gぐらい毎日摂っていたことだった。

私なんて、モリンガを販売する仕事をしていながら、馬鹿正直というか、むしろ、単なるバカで、

自分に効いていることに気づきもしないで、

「モリンガティー飲んで、花粉症治ったっていう人もいるんですよ。私は感じないんですけど」

とか、言っていたぐらいだ(笑)

そう、意外と、自分は、自分の体の変化に気づかない、鈍感なものなのだ。

私の周りの人たちも、「あぁ、言われてみれば!眠りが深くなった」とか、

第三者から問われて、考えて、初めて気づくということが多々ある。

「自分と向き合う」ということは、こういうこと、

「自分に目を向けて、変化を察知する、知る」ということなのかもしれない。

そうであれば、「自分と向き合う時間を少しでも、忙しくても持つ」ということは重要で、そういう数分が日常の習慣にあるのは、とても健康的だと思う。

 


手作り石鹸の資格を取得しました


今年に入り、自分でレシピを作って、実際に作れると、今後の商品開発に役立つかなと思い、手作り石鹸の作り方を基礎から習っていましたが、無事、資格を取得しました。

ガーナでは、他の国では高級なシアバターなどの原材料が手に入りやすく、1年中一定して暑いという気候は、石鹸作りに向いています。

コールドプロセス手法の石鹸ならば、作るのに手間暇かかり、乾燥に1ヶ月かかるので、ガーナだからこそできる付加価値をつけ、世界に通用する商品になるのではないかと思ったからです。

今も、コールドプロセス手法で作る石鹸の会社や、石鹸を輸出している会社もあるのですが、一番輸出量が多い会社の商品は、市販の固形石鹸に比べれば良いけれども、感動するレベルではなく、私に言わせると、まあ値段との兼ね合いでいいかなという感じです。

JUJUBODYの石鹸の工房の質とは、正直、雲泥の差です。

でも、お値段も、うちのは破格に良質の原材料をふんだんに使っているので高いのです(笑)

ただ、この工房、顧客が追い回さないといけないぐらい、カスタマーリレーションが欠落していて、もっともっと海外に輸出できるのに、ものすごくビジネスを逃しています。

きちんとした顧客対応ができ、このレベルの商品が作れたら、もっと輸出できるのではないか?と思い、それには、主体的に私がディレクションを取れるように、もっと石鹸作りについて勉強しなくてはならないなと思ったのです。

実際に、石鹸を学び始めると、石鹸作りだけではなく、油脂の特徴を化学的に考察したり、皮膚学について勉強したり、すごく勉強になり楽しかったです。

教えていただいた先生も、自然療法全般にとても精通していて、私の事業のこと、石鹸作りの目的を話すと、とても親身に、惜しげなく、ご自身の知識をシェアしてくれました。

やっぱり、私はツイているなぁと思います。

アロマテラピーや、クレイも勉強したくなりました。

上手く、自然の力を使って、自分の体を整えていくということは、1日にしてはなりませんが、きちんとした知識があれば可能だということも再認識しました。

もっと、色々勉強して、その方法を伝授できるようになればいいなぁと思いました。

そして、これまで感覚的に感じていた、今、扱っている石鹸のレシピの素晴らしさも、化学的な見地から再実感し、やるねえと、生産者を褒めたたえたいぐらいです(笑)

石鹸作りは、本当に奥深くて、使う油脂、気温、湿度でも、全く違い、

知る人ぞ知る、とても難しいパン作りに似ている気がします。


モリンガパウダー入荷しました!


モリンガパウダーは紆余曲折を経て、

ティーパック状2サイズ、パウダー状80gの全3商品のラインナップに変更になりましたが、本日、無事、工場から入荷しました。

予約販売でお待ちいただいたお客さまへの発送を開始致しました。

温かく見守ってくださったお客さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

もうロスカットでもいいかも・・・と、待ってくださる方がいらっしゃらなければ、諦めていたと思います。

ガーナで販売されているモリンガパウダーは、非加熱、殺菌なしのローパウダーなので、

同じようにローパウダーを日本でも販売したいなと思い、現地スタッフに農園や工場にまで足を運んでもらい、深夜、チャットで現場の写真をオンタイムで確認したり、やりとりを行い、

何度、違う生産者(どこもこれまでずっと衛生基準に問題ないという)からサンプルを仕入れてトライしても、

やっぱり、一般生菌数や大腸菌などの衛生基準が日本の食品基準と合いませんでした。

それでいて、直接農園から調達しない、市場から仕入れたものが意外と衛生検査をクリアしたり・・・と、

施設が衛生的に見えても、そうでなくても、

無農薬で栽培しているものは、もうこれは運のようなもので殺菌しないと、菌検査の結果が安定しないと判断しました。

それでも、諦めきれない私は、日本では、海外で作られた2ブランドの非加熱のモリンガパウダーが小売店で販売されているので、どうして衛生基準を合わせられるのだろう?と疑問に思い、UV殺菌しているのかな?(欧米ではOKですが、日本ではUV殺菌した食品の輸入は禁止)と考えてみたり、気になったので、衛生検査までしてみました。

すると、なんと、

一般生菌数大幅超越、思いっきり大腸菌群も検出(笑)

え??? 私が苦労していたのは、一体なんだったの?

と拍子抜け。

日本の工場では、衛生基準に合った原材料しか、そもそも受け入れをしてくれないのですが、

海外の食品を日本に輸入する場合、「輸入業者が安全性を確認すること」となっています。

食品事業を始めるにあたり、当初は暗中模索で、所管轄に電話して問い合わせをしたのですが、この安全性の確認の仕方については、方針も方法も示されておらず、どこでも、

「ご自身で責任を持って安全性を確認してください」の一点張り。

それで、「あぁ、基準通りにして問題があった場合に、行政側の責任になってしまうからか」と理解するようになりました。

そこで、弊社では、衛生検査を全ロット行うことにしました。

日本だとロット毎の衛生検査は当然ですが、海外では、必ずしも全ロット検査しているとは限らないからです。

となると、海外メーカーの示す製品規格書や衛生証明書(同じロットのものでない)だけで安全性確認し、輸入業者が衛生検査を実施しない場合、そのまま日本の衛生基準に合わない商品が市場に流れてしまうことがあるのです。

この辺の商習慣、文化の違いを知っているのか、知らずにスルーしているのか・・・

ちなみに、この2ブランドは、超有名デパートでも販売されています。

デパートは、デューデリジェンスが厳しく、たくさんの書類などを提出するのに、書面上は揃っているからクリアし、流通しているというのにも、ビックリ。

デパートの仕入れ担当者も、そんな事実を知ったら、ギョッとすることでしょう。

いつ、O-157などの食中毒が起きても不思議はないわけですから。

通常、人間は、胃酸でほとんどの菌はやっつけることができるので、私も現地で製造されたものを食べてきて、お腹を壊すこともなかったように、ほとんどの人は、大丈夫です。

ですが、食中毒で深刻な症状になるのは、お年寄りや子供などの免疫力が少ない人。

調子の悪い時や、乳幼児は、生野菜や刺身を摂取しないように、ローフードに対する正しい知識を消費者が持っている場合は、選択肢の一つとして、市場にあっても良いのではないかと個人的には思うのですが、日本は高温多湿になりますし、やはり国が定めた衛生基準をないがしろにはできないし、大腸菌群陽性はまずい・・・

そうして、日本国内で殺菌して、粉砕することになったのですが、

殺菌したパウダーを試してみると、青臭さが抜けて、むしろ、ヨーグルトに入れると前より美味しいかも!と、気に入りました。

この粉砕時の粒度の決定もまた難しく、規格としては同じサイズでも、微妙に大きさが異なったり、その微妙な差でティーパック加工の機械が使えなかったり・・・という問題があり、ティーパック加工に粉を入れるのはサイズのすり合わせがとても難しく、1.2mm刻みの葉をティーパックに詰めることに変更しました。

ティーパック状のモリンガパウダー(細かい葉といった感じですが)は、そのままお湯を注いでモリンガティーにすることも、葉をシチューやサラダなどに振りかけて食べることもできます。

そして、そのまま、スムージーやヨーグルトに混ぜたり、小麦粉と混ぜてお料理に使ったりできるようにパウダー状だけのものも作りました。

日本市場に出回っている、他のブランドのモリンガパウダーなども食してみましたが、産地毎に味が異なり、面白いなと思いました。

ガーナのモリンガは、味が濃く、少量で色と風味が出せるので、パンケーキ、お菓子などに入れるのに合うと思います。

驚くほど、色々なお料理に使えるので、ぜひ、探求してみてくださいね。