バレンタイン作戦


昨夜遅く、一本の連絡が届く。

「大変だ。また、うちの土地で誰かが何か建て始めた」

現在、登記中の土地は、これまでも何度か誰かが「購入した」といい、建物を建て始めたところを見つけては、破壊していた。

ガーナでは、土地を不法に実行支配して手に入れるトラブルが後を立たない。

9エーカー(約1万1000坪)あるので、柵を張るにも結構な費用になるため、角に壁と道路から見える場所に標識を立てていた。

近所の人たちと仲良くなったので、不審な動きがあると、連絡をくれる。

どうやら、また同じ人物が、自分の土地でもないのに第三者に売ったらしい。

「しかも、今回は、うちの標識も外し、コーナーウォールも破壊しやがった。

一線を超えたな。

オレは暴力は嫌いだけど、ここは武力行使できるところを見せておかないとナメられる。もっと早くにしておくべきだった。

友達の友達がNational Security に勤めているっていうから、明日朝一番に一緒に脅しに行ってくる」

「そうだ、そうだ。しばいてやれ」

という私に、

「今回は脅すだけだ。何もしない。

だけど、何でも奴らは、ものすっごく気性が荒くて怖いらしい。

それだけで済むか、オレにもわからない」

そして、本日、また一本の連絡が。

「オペレーション・バレンタイン(バレンタイン作戦)だ」

イ、イカつい・・・

ワイルドだ・・・

さすが、本物のNational Security だけに、強そうではないか。

しかも銃も持っている。

バレンタイン作戦と聞いて、可愛らしくチョコレートをどうあげようかという話だと思ったら、大間違いですよ。