Life is 10% happens to us and 90% how we react to it


『奇跡のモリンガ』発売日翌日、定期健診のため、医科歯科大に行ってきました。

今年は、5ヶ月に一度通っています。

当初は、術後のCTで、

「この大きさだとなんとも言えないけど、大きくなってきたらアウトだから、要注意ね」

と言われ、

「まあ、僕に言わせると、どこもかしこも怪しいんだけどね。

いつどこから出てきてもおかしくないから」

と、転移する前提で、見逃さないようにと、

中堅の先生と、その師匠のような大先生2人が診察してくれていました。

気の弱い人だと、こんなはっきり言われるとショックかもしれませんが、

私は、はっきり言ってくれる先生が最初から大好きでした。

「先生、私、もしリンパに転移しても、もう手術しないよ。

嫁入り前だし、口とか曲がっても嫌だしね(笑)」

術後、管につながれた状態がすごく嫌で、何かあってもこれ以上の手術は嫌だと言った私に、

「いや〜、リンパ切除しないのは、もったいないぐらいのやる意味があるよ。

曲がらないようにするのが、僕の腕の見せどころでしょう」

というので、まあ、そりゃそうだと笑ったものでした。

今では、もう、そんな緊張感はどこにもなく、

診断を下し、手術をしてくれた大先生は、私の診察には加わりません。

もっと、他に優先するべき患者さんがいるからです。

でも、他の患者さんを診察している最中に、病室内でばったり顔を合わせ、

「元気?変わりない?」と声をかけてくれました。

あれだけ患者さんがいるのに、覚えてくれてるんだなと思うと同時に、

まあ、ガーナから診断書持ってきた若い女性患者なんて、他にいないから記憶に残るか(笑)と思い、先生に、本を差上げれば良かったなと思いました。

舌がんにならなければ、モリンガを日本に紹介することなんてなかったわけだから、

人生は不思議なものです。

最悪に思えるようなことが、思わぬスタートやチャンスになりうるのです。

帰りに、御茶ノ水の丸善に寄ってみました。

「健康食」という棚に、著書『奇跡のモリンガ』が並んでいました。

棚出ししている店員さんに、初めて挨拶して、POPをお渡ししました。

学生が多い街ですが、病院も多いので、必要な人に、この情報が届けばいいなと改めて思いました。

“Life is 10% happens to us and 90% how we react to it.”

人生の10%は、何が起きたかで、90%は、それにどう反応したかで決まる

今になってみれば、その通りだなと思います。