もう嫌


ガーナにいて、精神衛生を健康的に保つには、

全ての理不尽なことに、いちいち怒ったり、反応しないことだ。

そして、なるべく、その国の良いところに目を向けること。

でも、やっぱり、旅行者ではなく、その国に住んで何かをしたりしていると、

キレイごとだけじゃないよね

ということがあって、

“そんなキレイごとばかり言えないよね”

と、よく現地に住んだ人とは話すことがある。

今日は、まさにそんな日。

何の交通違反も犯していないのに、逮捕され、高い罰金を支払わされた。

250セディ、6000円近く。

議論すること、2時間。

払わないとどうなるか?

車にアクセスできない。

午後の予定が全部狂った。

月2万円ぐらいで生活する人なんかザラだから、どれだけ高いか、おわかりいただけるかと思う。

バスレーンに進入していたというのだが、バスレーンのサインが終わり、

路面の右折サインを確認して、右折するために、右折レーンに入った。

右折ポイントで信号待ちで止まると、目の前には、車が3台。

警察の車、中から何だかわからない組織の係員を乗せた車、普通の乗用車。

この訳の分からない係員(外部のコントラクターで、日本の駐車違反の取り締まりみたいな感じ)が、自分達から近い右折レーンにいた車を全部引き止めた。

遠いところにいる車はおそらく、バスレーンに侵入していると思うが、

近いところにいる車は、右折するために右折レーンに入っただけだ。

こういう時、ターゲットになるのは、

がたいの良いガーナ人が乗った大きい車か、外国人を乗せた車だ。

誰もが払える金額ではないので、

払えそうな人たちが代わりに連行されるという理不尽さ。

バスレーン終了のサインボードがあり、

そこからならば右折レーンに入って良いと主張するのだが、

バスレーン終了のサインボートなどはなかった。

だいたい、前にいるのは、3台だけだよ?

信号が青になるまで真ん中のレーンで待てっていうの?

そっちの方が問題じゃない?

後で、現場に戻って確認したけれども、そんなサインボードは、やっぱりなかった。

交通マナーを無視している人はいっぱいて、それを取り締まるのは良いけれども、

そうでない人に、理不尽な罰金を課して、

それを新たな収入減にしようとしているようにしか思えない。

同時に連行された女性は、

何も悪いことはしていないのだから、払わず粘ると言っていたけれども、

1週間拘束された人もいたから、時間の無駄になるんじゃないかと思う。

それとも、女性だからと、払わずに行かせてくれるかな?

あ〜あ、もうこの国には関わりたくない(泣)