Good Vibeが重要


友人5人とアクラ中心部オスのとあるイタリアンレストランへ。

私たちを除いて1組いたが、いなくなった後は、貸切状態になった。

メニューを聞くと、メニューにあるものがないそうで、

代わりに手書きのメモが代わりに渡された。

・・・これだけしかないの?

という、品数。7品ぐらい。

手書き汚なすぎて、暗号のようだし、価格掲載もない。

とりあえず、スターターから頼んでみる。

なかなかちゃんとレモンやオリーブオイルを使っていて美味しい。

他にお客さんがいないせいか、

まだ終わってもいないワインボトルや皿をやたら片付けたがる店員をいちいち止め、

それでいて、ワインがなくなっても気づかず注がず、

「なんなんだ、ここは」などと内輪で文句を言いあいながら食べ進める。

「うちのスパゲティは美味しいから」

というので、では、メインにスパゲティを頼もうと、

一皿一人前でちょうど良いというので、一人ずつ3種類しかないスパゲティから選んでみた。

すると、シブい顔をした、無愛想なオーナーシェフが出てきて、

「みんな違うと、別に構わないが、10分置きに出てくることになる。

うちには鍋が2つしかないから。別に、構わないが」

なぜか、ムッとしている。

・・・面倒だから、同じものを頼んで欲しいのね。

一人は、海老アレルギーなので、一つだけ違うもの(あさりのスパゲティー)を頼み、

あとは全員同じシーフードスパゲティーを注文した。

確かに、

なぜか小さな貝が見事に全部開いていない(全部死んでるの??)点を除けば、

ちゃんとしたイタリアンのスパゲティーで、

これまでガーナで食べたスパゲティーの中で一番美味しかった。

そして、お会計をお願いすると、

そこから、メニューを開き、電卓を叩き始めている。

今から、価格を決めるのか?

他に客もいないのだから、もっと前から始めればよいものを。

出てきたお会計を見ると、どうやら、このスパゲティーは2,000円近くするようだ。

このぐらいの値段のするレストランは、この界隈には他にもあるし、

味も美味しいのだけれども、

また、来るか?人に勧めるか?と言われると、・・・う〜ん。

やっぱり、お店の雰囲気、英語ではよく、Good Vibeというけれども,

人が集まる場所は、いかにGood Vibe があるかに限ると思う。

オーナーシェフの場合、本人の思い入れも強く、経営では、苦戦するケースが多い。

ネイルサロンなどでも、うまくいっているサロンは、

施術を担当する技術者と、経営が分かれていることが多い気がする。

ここも、このテナント料を考えると、間違いなく、赤字続きのはずだ。

イタリアン推しなのか、大きなTVスクリーンには、誰も理解できないイタリア語の番組を流しているが、やっぱり、作り手の押し付けにならず、顧客ニーズにそうものを提供しないといけない。

と、同時に、顧客ニーズはバラエティに富み、全員に好まれるものに合わせようとすると、

「可もなく不可もない」特徴のない商品、サービスができあがってしまう。

難しいところだよなぁと自分への自戒の念も込め、役割分担の重要性を再認識した夜でした。