堪忍袋の緒が切れるのを察知したか


まるで、こちらの堪忍袋の緒が切れるのを察知したかのように、

急に石鹸の生産者と連絡が取れるようになった。

嗅覚がすごいではないか。

そして、超協力的に変わった。

お金がなくなったのか?(笑)

と、勘ぐる私たち。

「サステナブルじゃないよね・・・」と、現地のパートナーと話しつつも、

石鹸を待ってくれている人もいるし、今回は、続行することに。

何しろ、彼女は、現在、双子を妊娠中。

旦那さんも一緒に仕事をしているファミリービジネスで、

それなりにまとまった金額になるのだから、

何でもっと早く対応しないかなと不思議なのだけれども、

キャッシュがなくなってはじめて、「あ、そうだ!この依頼受ければいいや」と、

致し難くなってという感じだと思う(笑)

これぞ、ガーナ流。

この点、同じアフリカでも、ケニアやナイジェリアは、すぐにビジネスに繋がる案件を放置したりしないんだなぁ。

他のアフリカの国の友人も、このガーナ的なメンタリティには、ほとほと困っていて、

ここほど、プロフェッショナリズムがないのは初めてだと言っていた。

でも、自分が作るものに対しては、プライドを持っていて、

「私は、そんな偽物使わないわよ!」と、クオリティには自信を持っている。

日本に到着するまで、また何が起きるかわかりませんが、

とりあえず、現状は解決したということ・・・かな?