カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

Time is money


イライラしても、心配しても、物事は変わらない。

だったら、気を揉むだけ損。

というのは、私がガーナ生活で学んだことの中で、最も有意義なことで、

以前に比べ、苛立つこともなくなり、どんな状況下でも、リラックスできるようになった。

しかし、最近、そのスタンスでやってきたけれども、どうにも、焦りも苛立ちも抑えられなくなってきた。

ガーナも、そして、日本も、お役所絡みになると、本当に動きが遅い。

絡まずにやれることは、絡まずにやるに限るのだが、どうしても関わらざるを得ず、避けられないこともある。

私が食事に気を使うようになってから、ずっと取り入れているものに、ココナッツオイルとモリンガパウダーがある。

ガーナに行く度に、買ってストックしているのだが、最近では、沖縄産のモリンガ茶やパウダーを販売するところも増え、青山ファーマーズマーケットや、美容・健康関係のエキスポや展示会でも見かけることが多くなった。

大手では、「生活の木」がモリンガ関連の食品を販売している。

でも、使っている部位によるものだと思うが、私が愛用しているモリンガパウダーのほうが美味しい。

同じビタミンでも、自然の食べ物の中から摂れるビタミンと、そこから化合する合成ビタミンとでは、性質が違ってしまう。

故に、私は、サプリメントは好きではないので、植物からそのまま栄養が摂れるモリンガパウダーを気に入っている。

これをきちんと製品化して日本で販売したいとずっと思案していて、JUJUBODYを愛用してくれるお客さんからも、「ぜひ!」という声が上がっていた。

本当は、今頃、販売していたかった。jUJUBODYのローンチ1周年記念に合わせて。

ただ、今回は、ガーナ政府の基金、Youth Enterprise Support という若い起業家向けの無利子ローン(マイクロファイナンスで、年利50-100%のようなガーナでこんな機会は滅多にない)から得た資金で製品を作って、ガーナに還元するような仕組みを作りたかったのだ。

実は、このファンドから、

「来週にはお金を受け取れるよ」

と言われ続けて、半年超。

毎週フォローアップしているが、一向に進まない。

Next week 詐欺か

と、言ってやりたい。

彼らの展示イベントにも、あたかも、ファンドから支援を得て製作した製品かのようにJUJUBODY製品を並べるようにして参加したり(これが大変好評でYESのディレクターもご満悦だった)、もう一押しだということで、前回、ゴールデンウィークにもガーナに行ってプッシュしたのだけれど。

最近になって、打ち解けた内部関係者が、このファンドの懐事情を漏らしたところによると、

何でも、初年度に、大々的にばらまいてしまったが、ばらまいた先の履歴もちゃんと残っておらず、(意味わからないでしょ、渡した先が不明って)

ファンドの申込者に、「あなただっけ?資金受け取ったの?」とか連絡しながら、資金回収しようにも、もちろん、ばっくれられるので、回収できず。

その資金を元に、起業家が何かして失敗して・・・ならまだしも、

そもそも、何の製品もサービスも生まれず、

何も起きなかった

のだという。

ということで、アカウンティング的に、非常にヤバイことになっていて、でも表向きは、継続して機能しているかのように募集しているそうだ。

毎週のフォローアップというのも、ただ、メールや電話でしているというものではない。

実際に、行って、会ってという手間暇がかかっている。

う〜ん、今更、手ぶらでは引けないけど、時間がねえ・・・

Time is money ですからね。

どうしたものかしら・・・

 


その崖っぷちが最高のチャンスなんだぜ!(by松岡修造)


ガーナでビジネスをする際に障害になることは、インフラだの、システムだの、交渉相手が突然亡くなるだの(あったんですよ)、予期できぬことも色々あるけれど、一つは、ガーナ人気質によるメンタリティーもあると思う。

小さな会社は、全く余裕キャッシュを持っていないので、例え、そのサービスがあると自分たちのビジネスにプラスになると思っても、サービスに対する対価はまず払えない。

一方、大きな会社は、キャッシュがあっても、「いや、うち今のままで十分うまくやっているから。別に必要ない」とちょっと鼻にかけ、「改善」なんてことは脳裏をよぎらないかのようだ。

このへんのメンタリティは、同じ西アフリカでも、ナイジェリア人と大きく違います。

ナイジェリアは、「もっともっと」と貪欲に、利益を追求するビジネスマンが多いので、グローバル展開している企業も多くありますが、ガーナはほとんどありません。

「貪欲さ」「ハングリー精神」がないのだ。

すぐに満足してしまう(笑)(まあ、それはそれで良いことだけれど)

なので、提案しようにも、ニーズはあるはずなのに、ニーズが見えず、刺さらない。

必要だ!という人は、払えない。

どうにもならない、八方塞がりじゃないか。

何言ってんだよ!!
その崖っぷちが最高のチャンスなんだぜ!!

自分の全ての力を出し切れるんだから!!!
崖っぷちありがとう!! 最高だぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

と、あの熱い男、松岡修造さんも、言ったらしいが、見方を変えれば、大きな会社が、万全な資金力をもって、常に「改善」なんてされたら、資本のない小さな会社は、太刀打ちできないが、彼らの「態度」は、追随する側には、チャンスにもなる。

カメがウサギを抜くことだってできる。

チャンスは、どこにだって溢れているのだ。

と、久しぶりに、0時から2時間も電話ミーティングをして、(22時から24時までの間が良いって言ったのに、私がいつでも起きてると思っているな)今、ガーナ法人MindNET 抱えている案件の話を聞き、前向きな気分になって、遠くから見守る私。

オランダから戻った3年前と比べると、遥かに、ネットワークが広がり、優秀なガーナ人との交流も増え、たくさん失敗もして、様々な分野のビジネス知識も経験も増えたビジネスパートナーの成長を感じて、私も頑張らなきゃなと思う。

 

 


商品開発秘話 パッケージ編


昨日は、いつもお世話になっているデザイナーさんと、新しい名刺デザインのミーティングを行いました。

ちゃんと、モリンガ茶も飲んでいただきましたよ。暑いので、コールドで(笑)

パンフレット制作からお世話になっているデザイナーさんで、とっても若い、可愛らしい女の子なのですが、素敵なセンスの持ち主であるだけでなく、「タスク」として仕事を捉えるのではなく、JUJUBODYに込めた想いを汲み取り、一緒に考えて体現してくれようとするその姿勢が、私には嬉しく、信頼を寄せているビジネスパートナーでもあります。

こういう人たちとの出会いが楽しくて嬉しくて、仕事をしているような気がします。

ガーナで撮影したJUJUBODYの写真を入れたいな〜と思い、写真を見せると、

「やっぱりいいですね!色調が明るくて、商品にも映える!」

私も、写真を見て、なんだか商品が生き生きと、スッと背景にはまって見えて、そうそうこの感じを出したかったんだよなあと商品開発をしている頃を思い出しました。

商品を開発する段階で、パッケージをデザインするときに、どのようなデザインにするか、形にするかは、結構悩んだのですが、私が大事にしたかったのは、「素材の力」と、「アフリカの躍動感、パワー」でした。

オーガニックコスメやナチュラル化粧品では、白や緑など柔らかな爽やかな色がベースになったようなパッケージが多く、ブランドで統一して同じデザインを使うことが多いですが、それでは他社と差別化できず、面白みがないなと思いました。

また、小さな会社で派手な広告宣伝ができるわけもないので、商品の外見自体にお客さんとのコミュニケーションを図ってもらいたい、そして何よりアフリカの素材の力強さと、人の温かさを伝えたいと思い、持っている人の気分が上がるようなデザイン性も忘れずに、それぞれの商品毎に「素材のモチーフ」と「色」を使うことにしました。

モリンガオイルに関しては、常温保存に適したように、遮光性のある茶色い瓶を用いて、どんなケア用途にも対応しやすいように、スポイトを使うことにしました。

オイル100%だと、プラスチックの容器はタイプによって漏れることがあるんですよ、実は。

なんとかオイルと名乗って、プラスチックの容器を使っている化粧品を見たら、表示を確認してください。オイルは配合されていても、100%オイルではないはずです。

スポイトのゴムも(シリコン、天然ゴムなど何種類かゴムのタイプがあるのですが)オイルに対して膨張しないゴムを利用しています。

ガーナに住んでから日本に戻って、改めて気づいたのが日本の小売業界の過剰包装です。

お店に行くと、どれもピカピカ。商品にたどり着くまでにビニールを破って、厚紙を外して、それは全部ゴミ箱行き。

通販で物を買っても、こんな壊れ物じゃないのに、びっしり梱包しなくていいからと、ゴミの処理に困るぐらい色んなものが付いてきます。

これ、ゴミになるだけでなく、もちろん、お金がかかっているもの。

ガーナでの生活を経験したからこそ、もったいないよなあと心底思ったのです。

ですから、JUJUBODYでは、余計な梱包をしていません。その余分なコストにかける分を、素材にかけ、質の良い商品を作って、リーズナブルに提供したいので。

届いた包みを開けて、なんか飾りっ気ないなあ、と思われる方もいらっしゃるとは思いますが(笑)

そして、無駄な梱包をしなくても良いように、外箱も選択しました。

モリンガオイルは、ガラス瓶を使っているので、割れないよう台座を中に入れた外箱を採用することで、中身が動かないので、外側を包装しなくても、船便での海外発送にも対応できるようになっています。

TRUE BUTTERシリーズは、プラスチックなので、余計な台座などを使わず、箱にピチッと密着させることで、中身が動かないようにしています。

ただし、そのために外箱が開けにくくなってしまい、開け口に切り込みなどを入れるべきだったなと反省しています。既に、多めに箱を刷ってしまっているので、すぐに改善できませんが、この点は次回は改善したいと思っています。

IMG_4429また、TRUE SHEA BUTTERは、気温の変化で硬度が変化する性質に合わせ、硬いときには、スパチュラで取って使い、「面倒だわ!」という方がそのまま指を入れてシアバターを取れるように、底の浅いものを採用しています。

化粧品の容器って、かさ増しのために、底上げされた容器が多いので、意外と底の浅いものって少ないのです。

容器素材も、特にシアバターは、ガーナ人の生活に欠かせないものですから、ガーナ人のオープンさを大事にしたかったので、高級感ではなく、洗練されていながらも、気軽さ、親しみやすさがある素材が良いなと思い、現在の容器に至っています。

どうでしょう?

そんな意図が伝わってますでしょうか?

http://www.jujubody.com/

 


ガーナ不動産事情④


チーフから直接土地を購入する場合と、チーフから土地を受け渡された家族、親戚から土地を購入する場合とがあるが、面倒なのが、この後者の場合だ。

チーフを相手にする場合、チーフ一人で良いので、話はシンプルだ。

このファミリーを相手にする場合、話が複雑になる。何しろ、対象が家族なので、一人ではないからだ。

誰かが勝手に意思決定し、勝手に売却代金を受け取り、分配せずに、他の家族が、「聞いてない!お金ももらっていない!」となるケースが多いのだ。

だから、必ず、金銭を授与する相手が適切な相手か、きちんと家族間全員での合意がされているかを確認しなくてはならない。

この確認作業、日本だったら、戸籍だの土地の登記簿だの公的な書類で利権者が確認できるが、ガーナではそうはいかない。

非常にアナログな調査が必要だ。

近所の人間に家族関係を確認する(顔が割れている人間が聞き回るだけでなく、顔が割れていない人間を送り込むことも必要)、家族会議を面前で開いてもらう・・・など。

ここまで気が回らずに、このようなデューデリジェンスを怠って取引をし、後で裁判だの、揉め事になり、泣きを見るケースは決して少なくない。


西アフリカビジネス進出支援始めます


会社ホームページを少しリニューアルしました!

ガーナ法人MindNET Technologies Ltd. では、欧米の会社からコンサル案件をとっていましたが、今後は、VIVIA JAPANを日本の窓口として、現地法人と連携したコンサルティング業も行っていきたいと思います。

アフリカ広しといえども、日本企業がほとんど進出していない、レアな西アフリカに興味があるという方は、まず、ご一報を。

ガーナ拠点がメインになりますが、近隣国をハブにしたビジネス案の立案から実施まで経験ありますし、お手伝い可能です。

http://viviajapan.com/westafricabusinesssupport/

ガーナでは、マーケットリサーチのような数ヶ月で終了する単発の案件から、政府関係を交え調整したり、外国政府の助成金を獲得するところから、プロジェクトマネージャーとして参画する長期案件まで色々な案件をニーズに合わせて受けています。

多岐に渡る分野を経験させていただいたおかげで、MindNETは、かなり人脈網が発達しています。

エネルギー分野では、既に経験があるので、既存のコネクションをそのまま活かせます。

日本からも持っていきたい、サービス、モノがいっぱいあるので、日本企業ともコラボレーションできれば嬉しいです。


JUJUBODYギャラリーオープンしました


念願だった、ミーティングが行えるJUJUBODYのギャラリースペースを広尾にオープンしました!

古い建物を一棟リノベした物件で、無垢の床と素朴な雰囲気に惹かれ、即決。

今回、家具は、IKEAで揃えてみました。

入会金・年会費無料のIKEA BUSINESSに入会し、インテリアプランニングサービスを利用してみました。一部屋9,900円で、部屋の図面や好きなインテリアコーディネート例を送り、予約して、プランナーと打ち合わせ。

20万円以上購入すると、お買い物券として9,900円分は還元されるということなので、大量にまとめ買いされる方にはオススメのサービスです。

事前にIKEAのショールームやウェブサイトでチェックして、自分でも構想を膨らませた上で打ち合わせに臨んだので、とてもスムーズに進み、IKEA家具を知り尽くしているからこそできるカスタマイズの入った提案(本来、書棚として利用される棚に扉をつけたり、取っ手を変えてイメージを変えたり・・・など)などもしていただき、大満足でした。

IKEAは、ちょっと商品についてスタッフに尋ねたくてもスタッフがいないので、なかなか難しいのですが、このミーティングでは、プランナーと一緒に売り場を回りながら、オススメの商品を提案していただき、意見を取り入れていただき、こんな感じにしましょうかというところで終了。

後日、プランをメールで提出していただき、微調整をして、メールで一括注文してクレジットカード決済ができるという便利なサービスでした。

IKEAは、まだ日本では正規のオンラインショップを運営していないので、(そろそろできるようですが)このサービスは、ありがたかったです。

IKEAからしてみても、冷やかしではなく、本当にアドバイスを必要とする購入意欲のある顧客(且つ、一括購入なので単価も高い)に対してサービスを提供できるので効率が良いのでしょう。

かつて、バブル時代の日本に進出し、低価格ながらも、配送、組み立てサービスなしの欧米と全く同じサービスで惨敗し一度撤退したIKEA。デフレが続く日本で、日本マーケットに寄り添うサービスを有料で提供することで、IKEAのアイデンティティーはそのまま、マーケットに受け入れられるようになったのだと思います。

配送、組み立てサービスも追加でつけましたが、IKEA商品の組み立てに慣れた男性二人ががりでも、5時間以上かかったので、このサービスがなければ悲惨なことになっていたなとお願いして良かったと心底ホッとしたものです。

さて、完成した部屋がこちら。IMG_3165 IMG_3092

ギャラリーにお越しいただく特典は、

  •  JUJUBODY製品が試せる
  •  非売品のガーナ産モリンガティーが飲みながら、世間話ができる<いや、商品についての説明が聞ける>
  •  シアバターが食べられる
  •  モリンガの種も食べられる
  •  結果、かなりのモリンガ&シアバター通になって帰宅できる

といったところです(笑)

「モリンガの種が食べられる」場所は、日本広しといえども、ここだけでしょう。ふふふ。

モリンガの種を食べると、その後に食べるものが甘くなるという、この甘く、酸っぱく、苦い不思議な種。小粒なのに、その威力には驚かされますよ。

 


ガーナ不動産事情③


土地の取引をするのに、当然だが欠かせないのは、対象となる土地がいったいどこからどこまでか、ということだ。

そこで、登場するのがSurveyor、測量士だ。

測量には、Land commission が指定する柱を使う。

ご指定の柱というので、どんな大層な柱かと思ったら、・・・単なるブロックじゃないの?というなんの変哲のないコンクリートの塊。

IMG_2036これを対象となる土地の四方に置き、リファレンスポイント(結構、対象地から距離があることもあったりするのだけれど)との距離をGPSで割り出し、土地を測量、地図を引く。

GPSなんて登場するずっとずっと昔、ガーナの人たちは、どのように土地の取引をしていたかというと、土地の境界にとある木を植えて、境界いを確定していたという。

なんという木か、名前はわからなかったのだけれども、その目印となる木がこちら。IMG_2189

綿帽子のような他の木とは明らかに異なり目立つ上、この木は、他の木と異なり燃えてもすぐに生えてくるので、火事で焼失するようなことがあっても、土地の境界を見失うことがないのだという。

この木からこの木までの直線が境界、ということだ。

なるほどねえ。

 


モバイルマネーの普及


ここ1年で、ガーナで目覚ましい普及を遂げたのが、モバイルマネーだ。

当たり前のように、日常生活で利用されるようになってきたという。

2013年にマーケットリサーチを行った際には、国民生活に根付いているケニアのモバイルマネーと異なり、大手通信会社数社が多額の投資を行い参入しているものの、利用者数(非公表)は全く追いついていない状況だった。

政府と民間がタッグを組んで一つのプラットフォームを作り上げたケニアに比べ、その成功例を元に、民間主導でそれぞれのネッットワークがモバイルマネーのプラットフォームを作り上げたガーナは、違うネットワーク同士では送金ができないというディスアドバンテージがあった。

今ではその問題もクリアされ、どのネットワーク間でも送金できるようになり、派手な広告宣伝の効果が効き、利用者を獲得、確実に増やしている。

そして、特質すべきなのは、エージェントの存在だ。

ちょっと面倒なモバイルマネーを使った取引だが、アカウントを持たない人でも、エージェントオフィスで依頼すれば、面倒な操作は全てエージェントに任せ、送金金額の1%の金額を払うことで、送金ができる。同じく、1%の手数料でキャッシュが受け取れる。

こうしたエージェントの普及も、モバイルマネーの普及に大きく寄与している。

うちのオフィスの直ぐ近くにもモバイルマネーのエージェントオフィスができていた。オフィスといっても、大層なものではなく、キヨスクのようなもの。

車など足のない人からすれば、ATMに行くのだって交通費もかかるし、大変だが、歩いていける近所にあれば、とても便利だ。

銀行の支店やATM設置の手間やコストを考慮すると、モバイルマネーエージェントオフィスの設置は安価で容易だ。

都市部から離れるほど、モバイルマネーの利便性が目立つことだろう。

やはり、携帯が、アフリカで欠かせないインフラであることは疑いようもない。

 


ガーナ不動産事情②


ガーナでは、基本的に、土地はチーフに属する。

従って、イメージとしては、英国のような借地権取引が多い。

リースの場合には、チーフが地域全体の福利を考え、借り手の土地の利用目的によってその是非を判断することが一般的だ。

外国人のリースの場合、通常、最長50年。

IMG_2388ただし、チーフがかつて現金欲しさに売却して手放したFreehold land もある。今では、土地には限りがあることを認識し、売却しようとする人はあまりいないため、Freehold land自体が少ない。

外国人でも購入することは可能だ。

土地取引をするときに、まず訪れるのが、Lands Commission だ。

土地の登記情報などが確認できるし、登記などもここで行われる。

システムは、英国植民地時代に整備され、先進国並みに揃っている。が、実際にどれだけ実行されているかというのが、別問題なので、厄介なのだ。(システムを知らないという人もいるわけで)

例えば、どういうことが起こりうるかというと、

まあ、買った土地に住み着いている人が出て行かない

とか、

チーフから土地を分け与えられた所有者がLand Commision で登録せずにおり、従って、法律上は所有者としてみなされないのだが、当人は、お金を払って土地を買い、自分の土地だと思っており、土地を与えた側も、どこの土地を売ったか定かではなく、また誰かに売ったところで、新しい所有者と本来の所有者との間でトラブルが起こる

とか。

ただし、最終的には、法治国家なので、裁判になれば、システムに則っている者に軍配が上がる。

それまでの過程でのオポチュニティーコスト、費用、労力は重くのしかかるけれども。

買った土地から人を追い出すのに3年かかったなんていう話も聞いた。

土地の値段も、適切な値段か相場を判断するのに、足を使って情報を集める必要がある。

Local knowledgeを得ながら、諸々のリスクを考慮して、慎重に注意深く進める必要があるのは間違いない。

 


ガーナ不動産事情 ①


ガーナの不動産市場はとても興味深い。

この国では、つい数年前まで土地の価値が見過ごされていた。

その価値にいち早く気付いていた人たちは、既に莫大な富を築いている。

2013年7月に滞在したスピンテックスというエリアにあるゲストハウスのオーナー夫妻は、ガーナ人夫とベルギー人妻のカップルで、ベルギーで働いた後、2000年にガーナに戻り、その貯金を元に、4プロット(35m×65m)のその土地を購入した。

当時、1プロット900ドル(合計3,600ドル)で購入した土地は、2013年には、20倍に価格が上昇していた。

スピンテックスは、新興企業や住宅が立ち並ぶエリアで、ここ10数年で、どんどん新しい住宅ができているが、まだ舗装もままならない道も多く、その土地も、舗装されていない道路に面している。

この地域に大きなウェアハウスを構える会社のオーナーの多くがレバノン人で、当時、空港から近くはあるが、未開の地で二束三文だったこのエリアの土地を買い占めたという。

この国の不動産賃貸事情も特殊だ。

日本の不動産賃貸の慣習が敷金、礼金2ヶ月ならば、この国は、2年前払いがスタンダード。

冗談でしょ?と、実際にガーナに行くまでどうしても信じられなかったのだが、本当だ(笑)

外国人駐在員向けの1月何十万円もする物件で、1年契約の場合もあるが、これも前払い。

家を購入するためではなく、賃貸するために、住宅ローンを組むのである。

だから、一つの家に、何家族も住んだり、ときには家族ではない人も暮らしたり・・・という光景は、ガーナではよく見られる日常だ。