人は見かけが9割


“人は見かけが9割”

って、ベストセラーがあった気がするが、やはり、ガーナでは、

デカイ人=金持ち

という法則は、9割型、正しいと思う。

通常、ガーナ人の体型は、特に男性は、背丈が日本人男性の平均とたいして変わらない。

しかし、アッパーミドルクラス以上になると、

太っているというか、190cmクラスがザラにいる。

 

今回、MindNETで請け負っている不動産プロジェクトのクライアント先のガーナ人宅を訪問した。

どこも、アクラ中心のプライムエリア(1プロットで億はする土地)に位置していた。

家は大きいけれども、

室内のインテリアなどは質素で、物も少なく、がらんと味気ないこともある。

しかし、何しろ、彼らが、一様に、大きいのだ。

食べるものに困らず育ってきた人たちは、体が大きい。

成人して良く食べるようになって、

太っているというケース(この場合、身長は平均的)もあるが、

良家に生まれると、

身長(これは幼少期から青年期の食生活が影響)が高くなる傾向がある。

アメリカの黒人が良い例だけれども、(彼らの多くが西アフリカから渡っている)

多分、栄養状態や食事で、かなり大きくなる潜在的な要素があるのだと思う。

“ガーナで体が大きい=良い生活をしている” と捉えられ、好まれる。

いつの間にか、同じように見かけで判断する自分がいた(笑)