月別アーカイブ: 2016年4月

IMG_2041

相変わらずと変化の狭間で


待ちや非効率な時間が多いので、分刻みの忙しさとは全く違うのだけれど、朝から晩までバタバタしてしまう。

全てが予定通りにいかないので、その時、その時で予定を変更して行動するからだ。

アポしていたミーティングをすっぽかされたと思ったら、「明日、大統領が訪れるSMEフェアがあるから、出店していいよ」と突然言われるとか。

フェアの主旨もブースもわからず行ってみたら、入り口正面の最高のブースで、大統領と会えるかもと淡い期待を抱いて興奮するもつかの間、結局、大統領は来ないとか。

出かけようとすると、車のギアが戻らず何十分も立ち往生するとか。

トイレを流そうとすると、ノブが壊れるとか。

12時のミーティングが、「あと30分、あと30分」で16時スタートになったりとか。

アフリカの強い日差しの下では、驚くほどに物や服が痛みつけられ、たった1年とは思えないほどダメージを受けていたり。

相変わらずのガーナだけれど、ちょっとした進歩も見えて、感動した。

空港のパスポートコントロールエリアが、倍の大きさに綺麗に拡大拡張されていたり。

アクラ市内の道の大部分に、きちんとストリートネームがつけられ、標識が立てられていたり。

新しいコマーシャルビルディングや、ショッピングモールが建設されていたり。

舗装されていなかった道が、舗装されていたり。

IMG_2041

メイド・イン・ガーナの車は、携帯からエンジンを掛けられるというモバイルアプリケーションと連携した意外なハイテク技術が搭載されていたり。

まあ、内装は、雑で既に部品の塗装が剥げていたり、合皮がだぶついていたり、改善の余地があると思うけど(笑)

IMG_2044

成長の様子が見えて、ワクワク。


IMG_1909

ガーナで一番大きいショッピングモール、West Hills Mall


久しぶりのアクラ。コトカ空港は、パスポートコントロールエリアが綺麗に改装されて2倍の大きさになっていた。

暑い。暑いのはわかっていたが、暑い。

電力事情は改善したが、なんでもポストペイドから、プリペイドへ移行しているらしく、プリペイドカードで電力を買う購入者が増え、最近では、2,3箇所エージェントを回らないと、電力が購入できないらしい。

一方で、毎月200セディ($50) かかるボーダフォンのブロードバンドは、これまで安定したインターネット環境を提供してくれていたが、利用者増加でネットワークに負担がかかっているのかなんなのかわからないが、とても不安定になっている。まともに使えたもんじゃない。携帯電話のデータを使うと高い上に不安定だし・・・

常に、何かしら問題がある。

IMG_1906とりあえず、涼みたいと、2014年末に完成したCape Coast Highwayの途中にある、ウェストヒルズモールに初めて行ってみた。

ガーナで一番大きなショッピングモール。西アフリカでも完成時点では一番大きいショッピングモールらしい。

まだ、建設中のときに、何度かこの道を通り、街が拡大しているなと思ったものだ。

丘の上にも家が建っている。結構大きな家ばかりだが、舗装は追いついていない。

IMG_1909

 

ウエストヒルズモールは、新しい分、アクラモールよりモダンな雰囲気で、大きくした感じで、なかなか綺麗。

映画館に、レストラン、大型のディスカウントストアやスーパー、woodin (アフリカンファブリックのお店)など、同じようなお店が入っている他、新しい衣料品店なども入っている。レゴやMACなど馴染みのあるお店も。

 

IMG_1908

エントランス前には、特設の子供の遊び場もあり、大きなビニールの滑り台や汽車など、先進国顔負けのクオリティーの楽しそうな遊戯がたくさんあって感心した。

でも、炎天下のせいか、それほど多くの子供たちが遊んでいるわけではなかった。

空港に近いアクラモールに比べ、客足は比べ物にならないほど少ない。

 

土曜日の午後だというのに、この程度の客入り。IMG_1912

驚いたのが、モール内にドバイの不動産投資の勧誘ブースがでていたことだ。ドバイからセールスマンもわざわざこのイベントのために来ているという。

思わず、「こんな高級物件、ガーナで買える人いるの?」と聞くと、「うん、もちろんいるよ」

あるところには、お金があるのかなぁ・・・

狐につままれたような気分のまま、喉を潤しに、カフェへ。

レジはiPodと連結させて近代的。カフェは、外国人の利用が多いが、ガーナ人の姿も。スムージーが17セディ($4.3)と、一食分だから誰もが気軽に利用できる場所ではない。

モールに来るまでの交通費だってバカにならないから、一生こういう場所に来ることがなく終わる人もいれば、ドバイに不動産を買うような人がいるんだよなあ・・・

でも、決して前者が不幸なわけでも、後者が決して幸福なわけでもないのだ。

 


第一回 JUJUBODY主催プリザーブドフラワーレッスン終了


先週末、JUJUBODYのお客さま向けに、メゾンドフロラージュ目黒教室主宰IFA公認講師、川上由香里さんを講師に迎え、プリザーブドフラワーレッスン実施致しました。

彼女は、クラウドファンディングからJUJUBODYを応援してくれた愛用者であり、私がガーナから緊急帰国した際、手術前に集まってくれた中学校時代からの友人でもあります。

IMG_1867参加者ご自身で、お花の色の組み合わせを選択していただき、ワイヤリングとテーピングからアレンジメントしていただきました。初めての方も多かったのですが、少人数制で和気藹々と、しかし、かなり真剣に黙々と、あっという間の2時間を経て、素敵な作品が仕上がりました。

「楽しかった!」という声が多かったので、また、クリスマスリースやお正月飾りなど、同じようなイベントを開催したいと思います。

昨年、ローンチパーティーをワークショップと一緒に開催した際、初めて会ったばかりの人たちととても楽しそうに過ごされているお客さまが印象的でした。また、ばったり、知り合いに出会ったという方もいらっしゃいました。

JUJUBODYを気に入ってくれるお客さまは、好奇心が旺盛で、特別な趣味を持っていたり、特技に長けていたり、文化的でとても素敵な方が多いです。

だんだんと、仕事や家族の枠を超えて、新しい出会いが減っていく中で、関心が近いということは、良い友人として付き合える可能性も高いということだと思います。

私にとって、JUJUBODY自体がとてもパーソナルなもの。

私自身もお客さまと会う機会を作りたいし、素敵な輪を広げて、お客さま同士の交流を図る場を作っていきたい。また、素敵な特技をシェアする場を、機会を作っていきたいと考えています。

また、「美容、健康、クオリティ・オブ・ライフ」をキーワードにしたイベントを開催する予定です。ぜひ、都合が合えば、気軽に遊びに来てください。


unspecified-2

オックスフォードストリートイースターフェア2015


写真の整理をしていたら、とても素敵な写真が出てきた。

昨年のイースターに参加したオックスフォードストリートフェアでのもの。

MindNET Technologies Ltd.では、Crocsのガーナ正規総代理店権を持っているが、”Find your fun” のコンセプトに合わせて、クロックスを履いたビキニガールが、カーウォッシュをするというイベントを出店と同時に行った。

フランドアンバサダーに、ローカルのちょっとしたスターなども器用した。

当時、私は、まだ検査結果があまり芳しくなく、このイベントに合わせて渡航できなかったのだが、企画段階からとても楽しみにしていたイベントだった。

米国のコカコーラでマーケティングの仕事をしていた友人のPR会社と一緒に企画し実現したもの。

普段、大きな予算で企画することに慣れている彼は、予算が少ないと正攻法(バンバン広告を打つ)が使えず、その分、クリエイティグにならないといけないから、大変だけど、楽しいと言っていた。

unspecified-2届いた写真を見て、

「下に短パン履いたらビキニじゃないわ。もっと脱いで!」と、

男のようなヤジを飛ばして、現地スタッフに苦笑されたことを覚えている。

基本的には、コンサバなアフリカではこれでも十分関心を引き、斬新なイベントだったので人がたくさん集まってきたという。

unspecifiedアクラに駐在している日本人からも、このイベントをたまたま目撃したという声をあとになって聞いた。

人が集まり、音楽がかかれば、たちまち踊り出す人々。

音楽と体一つで楽しめるダンスは、彼らのDNA に組み込まれているかのようだ。

unspecified-1

この国では、赤ちゃんでさえ、歩き始める前に踊り出す。
また、今月21日から5月8日まで、ガーナ出張に行ってきます。

今回の旅の目的は・・・ご報告をお楽しみに。

unspecified-3