輸送費アップパンチ


なんと、3ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。

こんなに長い間、ブログを更新しなかったのは、初めてかもしれません。

書くには、キャパがあるみたいで(笑)、幻冬舎plusでのエッセイ連載に加え、

次作の執筆をしていたのですが、完全にキャパオーバーになってしまいました。

ようやく、ちょっと一段落したら、自然とブログが書きたくなりました。

今年は、地味に、年初4日からよく働いていたなと、今日はちょっと一息入れています。

リニューアル中のTRUE SHEA BUTTER の価格を最終決定しようと思っていたところで、

たまたま見過ごしていたDHLからの新料金改定通知のメールを開きました。

え?

っと、なんか数字おかしくないかな?と去年の料金表と比べると、

なんと、6倍に。

1kg、約31000円から。

その後、1kg毎の金額も前は、数千円ずつアップしていたのが、数万円ずつのアップに。

20%アップ、30%アップでも、いたい〜って言うと思うのですが、

この600%アップには、呆然としてしまいました。

去年より今年の方が何かとビジネス環境が厳しくなりそうです。

原価率アップでこちらで負担するつもりですが、ここまでくると、それだけではまかなえず。

痛み分けで小売価格への転嫁も必要になってきますが、それにしても、全部乗せることもできない金額です。

純粋に、運送料が6倍で、原料価格が6倍になっています。

しかも、こう輸送費等が上がるということは、ガーナ国内の物価も上がるでしょうから、原料自体の価格も今年は上がることが見込まれます・・・

しかも、ワクチンなどの運送で更にスペースが逼迫し、更なる輸送価格上昇もあり得るとのこと。

年初から、目覚めのパンチをいただきました。

今年は、容器のリニューアルを随時していく予定で、

この容器のリニューアルは、ブランディングの強化と効率化のためでもありました。

容器は華美にならずシンプルでありながら機能性がよく、無駄に高価でないもの(大事なのは中身だから、外見に必要以上にお金をかけない)にして、少し、容器部分でコスト減にするのが狙いだったのですが、そのちっちゃな改善が吹き飛ぶ輸送費上昇。

加えて、国内での充填価格も上昇してしまいました。

円高も何の追い風にならないような上昇率・・・。

いや、それでも円高でありがたいか・・・

円安だったら、更に追い打ちだもんなぁ。

小売価格はなるべく死守したいので、セット価格の割引見直しなどで対応しようかと思案中です。

石鹸は、重いので、この原価率がかなり厳しくなるな><

さすがに国内ビジネスだと、ここまでの上昇率は見ないですよね。

これもアフリカビジネスの醍醐味。

だから、他がやれない、やらないということで、前向きに考えていきます!