生きてるだけで丸儲け


先日、久しぶりに、高校時代の友人に会った。

もう10年ぶりぐらいだろうか。

ずっと会っていなかったのだけれど、私を街で見かけたとフェイスブックを通じて連絡してきてくれ、仕事帰りに飲もうという運びになった。

仕事に追われ、月の半分は出張で自宅で眠ることはなく、翌日の仕事に差し障るからと、友人との付き合いも控える、そんな生活が何年も続き、このままじゃいけないと、部署移動願いを出し、部署が変わり、最近、ようやく、自分の時間が持てるようになったという。

昔の状況だったら、私を見かけても、声をかけなかったと、彼女は、言った。

声をかけても、会う時間なんて作れなかったからと。

他の友人とも疎遠になっていたらしい。

一本気で真っ直ぐな彼女らしいなと思った。

私も、翌日に差し障らないよう予定を控えて仕事をする気持ち、よくわかる。

今では、遠い昔のことだけれど、そんな時期もあった。

新卒で、日本の銀行で働いていたときのことだ。

サザエさん症候群どころか、夜は、時間が気になって、時が進むごとに、朝が近づくと思うと憂鬱になったものだ。

原因不明の頭痛に悩まされ、CTも撮ったことがある。

家でヌクヌクと過ごす愛犬を見て、「犬になりたい」と言い出し、

しまいには、動かなくてもいい「貝になりたい」と言いだした(笑)

友人曰く、私の口ぶりから、ガンになったときよりも、当時のほうがヤバイと心配したという(笑)

「体に悪いから、そんな仕事もうやめなさいよ」と言う親をよそに、「レジュメに書ける結果を出すまでは、やめられない」と続けた。

だから、電通の新入社員の女の子が過労により自殺したニュースには、当時の自分が重なるように思えた。私は、舵を切り替えることができたけれど、その辛さ、苦しさは、わかる。

何か歯車が少し違って、ほんの一瞬の何かのきっかけで、違った結果になっただろうに。

24歳なんて、まだまだ色んなことができたのに。楽しいこともいっぱいあるよ。

でも、きっと、ギリギリで、彼女と同じ道を辿らなかった日本人は、たくさんいるだろう。

たくさんいるって、実は、異様なことだけど。

ガーナ人だったら、この話を聞いても、

意味わからん

と、理解できない人が大半だろう。

だって、

そんなに嫌なら、やめればいいじゃん

言い出せないなら、

行かなきゃいいじゃん

で、終わってしまうからだ。

そんなわけにはいかないよ

って、日本人は思ってしまうけれど、

人間(動物)としては、「行かなきゃいいじゃん」が健全なのだ。

忙しさは、余裕を奪い、人を追い詰め、心を蝕んでしまう。

その度合いは、必ずしも、時間(残業、労働時間)で測れるものではない。

 

久しぶりに、彼女と話しながら、

こうやって、昔の友達とお酒を飲みながら語り合えるなんて、幸せだなぁと思った。

喉元過ぎれば熱さ忘れるっていうけれど、私も、すっかり日本の生活に慣れて忘れかけていたけれど、

お互い、元気だからこそ、生きているからこそ、できるんだよね。

「あのままの生活を続けなくて、気づいてよかった」と、彼女は言った。

そうして、お互い、「仕事」の話をしながら、まさにこういうことなんだよなと思った。

JUJUBODYのスキンケアは、化学物質を使っていないので、気温に左右されて、固くなったり、柔らかくなったりする。

例えば、モリンガオイルは、冬、結晶化してしまったり、寒い部屋に置いておくと、瓶を温めなくてはならなくなることもあって、ちょっと面倒だ。

でも、この手間にかかる時間って、実は、数十秒。

ガーナだと、突然の停電で家事が中断されてしまったり、待ち合わせで、数時間も待ちぼうけすることがあるので、数十秒なんて、手間とも感じない時間だ。

その数十秒ですら、面倒臭いと感じてしまう日本の忙しい生活のなかで、大切な体(自分や家族の)にかける愛情こそ、「豊かさ」だと思う。

心が豊かでないと、貧しいと、幸せを感じられない。

だから、なんのために生きているのかわからないと、命を絶ってしまう不幸なことが起きてしまうのだ。

日本では、時々、難しく感じてしまうけれど、

本来、生きているだけで、人間は、幸せなのだ。

日々、目まぐるしく過ごしていると、子供が泣いていれば、イライラもするかもしれない。

それも、当然。

でも、そんなときに、JUJUBODYのシアバターを塗ってあげながら、ふと思い出して欲しい。

そんなスキンシップがとれるということは、そんな時間が持てるということは、当たり前ではないんだと。

お互いの存在があるからこそ、生きているからこそできる、とても幸せなことなんだと。