無理をしないことの大切さ


夏本番!

毎日の暑さに、グッタリされている方も多いのではないでしょうか?

18日には、熱中症の疑いで亡くなられた方が10人もいたとか。

そういえば、ガーナで、暑さで亡くなるって人、聞いたことないなぁとふと思いました。

まあ、亡くなった原因が脱水症状だったとか、気づいていない例もあるのかもしれませんが。

街中、至るところにお水は売っているので、

お水を飲みながら歩いている人は多いです。

そして、何より、みんな

無理をしない。

東南アジアなどでも旅行に行くと、みんな木陰で何してるのかな?

仕事してないのかな?

という光景、ありますよね。

でも、それが正解なんですよね。

あんなに暑い中で、動き回るのは、危険だからなのです。

シアバターの産地ガーナ北部のタマレは、毎日こんな感じの暑さです。

(ヒートアイランド現象のせいで、街中は、体感温度が実際の気温よりも高い気がしますね)

いや、正確には、38-40度ぐらいなので、気温はもっと高いです。

だから、早朝、日の出と共に動き始め、

朝7時ぐらいからシアバター工場は稼働し始めます。

そして、お昼過ぎになると、解散。

夕方まで働きづめには、しないのです。

私も、タマレで生まれて始めて、熱中症の症状を体験しました。

ひどいめまいと頭痛、体の火照りを感じて、これが、熱中症だな、やばいなと思ったものです。

のんびりしているようですが、その地に合った暮らし方というものが、やっぱりあります。

「疲れた」という体の声に、ついつい精神論で対処しがちですが(私も昔はそうでした)、

「疲れ」は、体からのサイン。

無視せず、耳を傾けることが重要ですね。

夏は、立派な亜熱帯性気候に突入した日本も、

無理のない働き方を考えたほうが良さそうです。