極めつけのモリンガ、ミラクル!男性不妊にも良し


私もびっくりした、極めつけのモリンガミラクル!が、これ。

精子のクオリティを劇的にアップさせたということです。

しかも、なんと、わずか10日間のモリンガ摂取でした。

1月、4月、5月と精液検査をしていた49歳の男性。

モリンガタブレットを、朝夜20粒ずつ、たまにお昼に10粒摂るように10日間した直後の5月の検査結果が、あまりに1月、4月の検査結果と変わったということで、どう考えても、モリンガのおかげだとご連絡をいただきました。

自然妊娠が可能といわれるWHO基準値の

当初は、半分から3分の1だった数値が、基準値超えしたのです!

WHO基準値 1月 4月 5月
精液量 1.5ml 3 2.4 2.6
精子濃度 15 百万/ml 5.92 11.43 19.76
総精子数 39 百万 17.76 27.42 51.39
精子運動率 40% 30.99 27.01 47.26

こんなに劇的に変わるの!?って感じですよね。

食事を気をつけたり、鍼を試したりしていたそうですが、なかなか変わらない中で、

モリンガを摂るようになって10日後に検査をしたら、この結果だったそうです。

同じ悩みを抱えている人の役に立てばと、検査データを快くシェアしてくださいました。

この結果には、私も大興奮!

勃起不全などには良いという実験結果も話も聞いていたのですが、

男性の精子のクオリティに対する影響に関しては思いもよらず。

そういう実験があるのか調べてみると、あるではないですが。

雄牛やマウスを使った実験で、精子の数、運動率ともに上がり、

死亡率が下がるというレポートが何件もありました。

医学でどうにも治療、改善できない分野だから、これ、悩んでいる人多いよなぁ・・・

本にも入れたかったな、この情報><

女性の不妊問題以上に、数値で出やすいから因果関係がわかりやすいし。

精子のクオリティを下げる原因は、以下のように言われています。

・不健康な生活習慣

・加齢

・活性酸素の増加(DNAが傷つくので)

確かに、これらが原因であれば、対応策として、

抗酸化作用が強く栄養価の高いモリンガは、効きそう。

今後、この分野での実証検分を増やしていきたいと思います。

薬による投薬治療を行なっているような病状には、モリンガ摂取による影響かどうかわからないので、(かといって、全部の西洋医学的な治療を放棄するってできないですよね)難しいですが、この問題に関しては、検証しやすいし、もし、効果が出なかった人がいたとしても、緑の野菜を多く摂ったというだけで、副作用もないのだから、問題もなし。

試してみたい!って人、すごく多いはず。

モリンガ、本当に、救世主になるかも。