女性のキャリア、働き方、生き方


先日、ZUU CAREERが主催する「これからの金融女性のキャリアを考える」女子会のパネルディスカッションに、パネリストとして参加させていただきました。

パネルディスカッション後、参加者の方と歓談させていただく時間もあり、みんな何となく悩んでいるんだなぁと昔の自分を懐かしく思いました。

集まった女性は、金融機関に働く20代から30代の女性で、

こういうことがしたい!というより、

なんとなく将来が不安・・・

このままでいいのかな・・・

という方が多かったように思います。

実は、人は、自分が何が好きか、何がしたいかより、何が嫌かの方がわかりやすいんですよね。

男性のタイプを聞かれた時も、そうではないですか?(笑)

こういう人はイヤ!は出やすいけど、どういう人がいいかは、結構考えないと出てこないのです。

ですから、漠然とした不安や不満がある人には、何がイヤか、環境かもしれないし、仕事内容事態かもしれないし、とにかく、一度、頭を整理するように、全部、書き出してみて、じゃあ、そうではない仕事やライフスタイルは何か?と考えてみると良いよ、とアドバイスさせていただきました。

そうして、はっきりと、自分が求めるもの(イヤなものではなくて)がわかると、自然とその方向に向かうような選択をして行くのですよね。

また、自分が悩んでいて答えが出ないと、周りはどんどん前進しているようで不安になりますが、悩むときは、悩むべき時で、急いで答えを出す必要はないよ

ということも、お話させていただきました。

働いている時間って、起きている間の大半を占めますよね。

だから、仕事がツラいと、人生全てがツラくつまらなくなってしまうと思います。

私も、日曜日が本当に憂鬱だった時期がありました。

今は、曜日全く関係なく、むしろ平日はメールの返信があるから楽しみなぐらいです。

女性のキャリア、働き方は、私の中でも大きなテーマで、漠然とですが、いつかこのテーマに携わる仕事がしたいなとも思っています。

また、こういう機会があれば、お話させていただき、

お会いできた方が、少しでも明るい気分になっていただければ嬉しいです。