夏バテ防止の常備食品


皆さんにとっての常備食って何でしょうか?

私にとっては、モリンガとはちみつ。

そして、この夏は、梅干しも加わりました。

日本のはちみつは、百花蜜がほとんどですが、

特に、ニュージーランドのレザーウッドハニーや、たんぽぽなど、

シングルオリジン、蜜源が一つの植物のはちみつが個性的な風味で気に入っています。

家に砂糖がないので、甘味料として、飲み物やヨーグルトなどに混ぜて使うこともありますが、

夜寝る前にスプーンひとさじ舐めるのが好きです。

歯磨きした後に、甘いものを!? と最初は驚きましたが、

口内の雑菌予防にも良いので、朝の口臭を和らげてくれるし、喉の保護にも良いし。

この甘味料としてではなく、はちみつ本来の役割を期待するには、

ちゃんとしたはちみつ、非加熱未精製の天然はちみつでないと、

はちみつ本来の良さが味わえません。

はちみつとクエン酸を水で割ったものを、毎日朝、晩飲むようにしています。

天然のはちみつは、水に溶けにくいのですが、そのぐらいの不便さは仕方ないですね。

乾いた体にすっと染み入っていくのを実感します。

そして、新たに夏バテ防止の常備食に加わったのが、梅干しです。

温活効果が出て、例年よりも汗をかきやすくなったので、

汗と一緒にナトリウムが体外に流れてしまうため、気をつけるようにしています。

血中の塩分濃度が低くなるといけないので、毎日1個梅干しを食べるようにしています。

この梅干しには、塩だけを使った梅干しを選んでいます。

塩だけ使った梅干しは、塩分濃度が20%ぐらいと、高いものが多いです。

梅干しは、そもそも保存食。

「減塩」をうたって、塩分濃度が低い梅干しが販売されていますが、

塩分濃度が低いものは、添加物で補って保存できるようにしてあるからです。

個人的には、塩は、人体に必要なものなので、

良質の塩を選ぶようにしていますが、塩分量自体はあまり気にしていません。

減塩に惑わされず、シンプルにお塩で作られた梅干しを選んでみてください。