今だからこそできることに目を向ける


今日は、久しぶりに、カラッと清々しい天気で、救われました。

週末に届いた訃報に、面識があったわけでもないのに、気分が憂鬱だったので。

とっても綺麗で人柄も素敵な人なんだろうなと思っていた女優さんでした。

はたからみれば、何もかも持っているような人なのに、

なぜだろう?と、とりとめもなく考えてしまいました。

そういう時は、外に出て、外の空気を吸うと良いですね。

ガーナのフィスチュラ問題の現状を調べていたのですが、即、壁にぶつかりました。

病院にちゃんとした公式のウェブサイトも、電話番号もなく、公表されていないというのは、

非常にガーナらしいのですが、(診察券には電話番号あるかなあ??って感じです)

現地スタッフも、ここで働く人にツテもなく、

他の仕事で忙しい現地スタッフを、この問題だけでフライトしてもらうのは、

現実的ではないので、残念ですが、次回の渡航時にお預けです。

直接、現地に行った時に、私が乗り込むしかないなという結論に至りました。

アポなし、突撃です。

日本では、好きじゃないですが、ガーナでやるのは、私、結構楽しいです。

外国人だということもあり、みんなちゃんと相手にしてくれるから(笑)

JUJUBODYを豊かな循環が巡るブランドにしたいという目標は、

以前からも根底にあったのですが、

このコロナをきっかけに、お客さまから温かい言葉をいただく中で、

同じようにお客さま、自然の恵みを育んでくれるガーナの大地に還元できるようにしたいと、

明確に言語化できるようになったように思います。

ネガティブな状況でも、思ったようにいかなかったり、不満がある状況であっても、

だからこそできることに、視点をあてて、暗闇に光がさせるように、

視野が狭まらないように心がけていきたいですね。