クマシの安宿


クマシでは、寝に帰るだけなので、

ベットシーツが清潔でバスルームが使えるレベル (水が流れシートに座れそう)であればと、

友達の友達の友達がオーナーだという、看板のないホテルに宿泊しました。

もちろん、Agoda、Booking.com などには掲載されていません。

友達の友達が、自分の友達だというオーナーに交渉してくれ、

1泊250セディ(約5000円)を150セディ(約3000円)にディスカウントしてもらいました。

ラッキー。

しかし、こちらのホテルの廊下、夜はこんなライティングに。

何でしょう。この妖しいライティング。

ちなみに、部屋は青になります。

全然、休まらないわ〜

幸い、部屋のブルーライトは、通常の蛍光灯にもなり、一安心。

しかし、なんでこんな仕様を取り入れたのだろう・・・

そんなこんなで部屋に戻ると、

車と何か動物がぶつかるような音がして、動物の悲鳴のような声が聞こえました。

大怪我していたら嫌だなと思い、階段を駆け下りて外に出てみると、何の動物の姿もなく。

いったい、あの音はなんだったんだ・・・

男性が電話を片手に立っていたので、何か見なかったか尋ねました。

そこから、会話が盛り上がり、彼らのパーティーに参加させてもらうことになりました。

人と人との距離が近いのは、ガーナの良いところです。