モリンガとがん


すい臓がんは、がんの中でもとても難しい病気です。

症状が出て病気が判明することには、すでに進行しており、生存率がとても低いことで知られています。

診断後、1年生存するすい臓がん患者は19%で、5年生存率に至っては4%です。

すい臓がんの治療は、手術、化学療法、放射線治療が一般的ですが、

モリンガの摂取が、すい臓がん細胞の生存と転移活性を低下させ、腫瘍の成長を抑制することわかりました。

また、放射線治療とモリンガの摂取を組み合わせた場合、

放射線治療だけよりも、がん細胞の転移や浸潤を大幅に抑え、腫瘍の成長を抑制させることも判明しました。*

よく、「大山さんは、モリンガでがんを治したんですよね?」と聞かれることがあるのですが、

その問いには、う〜ん・・・ちょっと違うんだよなと思ってしまいます。

そもそも、がんって何なのか、

これだけよく話題になっているのに、根本的な考え方が知られていない気がするのです。

実は、健康な人でも細胞はがん化していて、1日に5000のがん細胞ができていると言われています。

そのがん細胞をつど退治しているのが免疫細胞(リンパ球)だったり、アポトーシスという細胞が自ら死んでいく作用によるものです。

ここで殺されなかったがん細胞が成長して腫瘍になると、検査なとで発見されて、がんという診断が下るわけです。

私は、腫瘍の切除手術を受けていて、がんはそこで取り切っているので、そういう意味では、モリンガは全く関係ないです。

ただし、がんは5年間、転移、再発がなくて初めて完治と言われます。

がんを患った人のほとんどの体では、術後も、まだ発見される大きさになっていない、がん細胞が体の中にあるかもしれない状態なのです。

そのままアポトーシス(細胞の計画された自死)によって、淘汰されて腫瘍にならないかもしれないし、小さながん細胞から成長して腫瘍化すると、検査に引っかかるわけです。

本当ならば、免疫力でやっつけられてしまうがん細胞が腫瘍になるまで成長してしまったということは、がん細胞が腫瘍化しやすい体の状態だということなのです。

がんを患ったことのある人は、何度も繰り返している人、多いですよね。

だから、その状態をどうするか?という視点が、とても重要だと思うのです。

でも、それについては、お医者様は教えてくれません。

西洋医学では、どうしようもできないからです。

幸い、私に、転移がなかったのは、

ストレスのない生活を心がけたり、体に取り入れるものに気を配ったりしたことだと思いますが、

その最たるものが、モリンガで、モリンガのおかげだと思っています。

モリンガを食べることで、様々ながんにおいて、アポトーシスを誘導して、がん細胞が死滅する現象が起きるということは、たくさんの研究で報告されています。

ただし、がんの性質やスピードによっては、

モリンガによって誘導されるアポトーシスよりも、がんの成長が早いことだってあります。

(そうなると、腫瘍、がんは消えませんね)

逆に、がん細胞の種類によっては、アポトーシスによってがん細胞の消滅の勢いが強く出てがんの腫瘍が小さくなったり、更には、なくなることだって夢ではないのです。

いずれにしても、モリンガを食べることで、アポトーシスが誘導されるのですから、

食べておいて損はないわけです。

前立腺がんのようなエイジングに伴う進行の遅いがんなどでは、実際に、PSA値が著しく低下したというお客様の声もいただいています。

また、手術が難しい部位にがんができてしまった場合や、先述のように化学療法でも予後が悪いがんの場合、がんの手術後などは、モリンガや、デザイナーフーズ・プラミッドのトップにある生姜やニンニクなどを摂取するようにして、自分の体の免疫力を高めて、がんと闘ってくれるようにすることが大事です。

がんを患った方は、治療後、治療はひとまず上手くいっても、どことなく常に不安を抱えて生きている人が多いと思います。

私が「モリンガを食べているから大丈夫!」と思いながら、術後の不安な時期を過ごせたように、モリンガに出会い、毎日食べることで、不安から解放され守られているような安心感を持ってくれる人や、気分が明るくなったという人が増えてくれればいいなと切に願います。

*https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6416749/


情熱なしに世界は動かせない


話題になっている『M 愛すべき人がいて』を読んでみました。

賛否両論がある、この小説。

どちらの意見もわかるなというのが読んだ後の素直な感想です。

携帯小説のように読みやすく(本を普段読まない若い人が読みやすいようにあえてしているのかな?とも思いますが)、作りこまれたフレーズが逆にチープな印象を与える一方で、

間違いなく一時代を築き上げた「浜崎あゆみ」という歌手が、普通の女の子から「浜崎あゆみ」になるまでのストーリーは面白く、一気に一晩で読んでしまいました。

私は、烈々なファンだったわけでもなく、

でも、高校時代カラオケではいつも彼女の歌を歌っていた、まさにどんぴしゃの世代です。

中には、歌に「M」の存在が重なるから楽しめなくなるという意見もありますが、

こういうことがあって、あの歌詞が生まれたのかという答え合わせができ、楽しかったです。

サイバーエージェントの藤田社長が号泣したと言っていました。

きっかけは、パーソナルな些細なことで、目の前のことを一生懸命にやっていくうちに、

いつの間にか、自分の手にも追えない大きなものになり、

今度は、そこから逃げ出したくても、逃げ出せなくなってしまった孤独や苦悩、

でも、前に進むしかないという状況に、

自分を投影するようなところがあったのではないかなと思いました。

本が出版されたと聞いたときには、私も、なぜこのタイミングでこの話をするのだろう?と思っていましたが、読んでみると、なぜ彼女が引退しないのかという理由が、とてもよくわかりました。

人は、”anchor” 錨のように拠り所が必要な生き物だと思います。

家族がいる人は、家族が拠り所になるし、仕事が拠り所になることもあります。

彼女にとって、築き上げた拠り所となるものが、重くても、「浜崎あゆみ」なのでしょう。

だから、やめることができないのだと、これからも続けていくのだと思いました。

彼女が時代の寵児となったことは疑いようもなく、そんな彼女でもデビュー前は売れないと言われ続けたこと、それを情熱を持って、押し切って「売ろう」としてくれた人がいたこと。

公私混同とか、売り物に手をつけるなんてという考え方もあるのだろうけど、

そんなドライな感覚では、スターダムは築けなかったのではないかな。

損得勘定を抜きにした、パーソナルな感情があるからこそできたことで、

情熱なしに、世界を動かす仕事なんてできないと教えられたような気がしました。

読んだ後は、気づくと彼女の歌を口ずさんでしまっている自分がいます(笑)


神にゆだねる


オランダのMBAで、キャンパスに住んでいた頃。

課題に追われ慢性的に寝不足の中、休みの朝、貴重な睡眠時間を削って、教会の礼拝に出かけていくキリスト教徒の友人の姿が、理解しがたく、私にはとても不思議だった。

ガーナに住んでいた頃も、規則正しく、週末に教会に通う人々に、

彼らにとって、「教会で祈る」ということの意味は何だろうと思ったものだ。

強盗犯が教会で捕まったという、何ともガーナらしいおバカなニュースに

祈れば罪が許されると思っているのかと(そういう教えではあるか)、

日本にいるとあまり意識をしない、「信仰心」というものに、俄然、興味を引かれた。

私には理解し難い、しかし、多くの人々の根ざされた「信仰心」を、ちょっと遠くから傍観していたのだ。

教会で祈るということは、「神頼み」なのだろうか?

私には、それは、自分で努力しない他力本願な行為のように思えた。

「今」は、自分の行動の結果であって、人生は、自分の行動次第で変わるものだと思っていた。

しかし、私の「信仰心」に対する謎は、がんになったことで、思いがけず答えを得た。

転移に注意するように再三医師に注意されて退院した後のことだった。

お風呂に入り、顔を洗っている最中に、これまで感じたことのない痛みを首付け根に覚えたのだ。

これが、「転移」なのだろうか?

浮かんだのは、病棟で見た放射線治療や抗がん剤治療をした人の痛々しい姿だった。

これ以上の治療は、絶対に、したくない。

これまでに感じたことのない恐怖に襲われ、

そこで初めて、私は、神に祈った。

その神が、キリストなのか、仏なのか、アッラーなのか、わからないけれど、

人智を超える存在の何かに、祈ったのだ。

人は、コントロールできないことに遭遇した時に、

神に守られていると思うことが必要なのだと、

ようやく、他人事ではなく、実感として理解できたのだ。

そうして、心の中で、「大丈夫。私は大丈夫」と守られているから大丈夫だと繰り返し唱えることで、信じることで、その恐怖心は落ち着いていった。

先進国よりも、新興国、現代よりも中世に信仰心を持つ人が多いのは、

自分ではコントロールできないようなことが起こる厳しい環境下で暮らす中で、

心の拠り所が必要だからだろう。

それ以降、私は、神を感じられるようになった。

何か決断や選択をする際に、全てを自分で背をわずに、

流れに任せてみる、結果を「神にゆだねてみる」ようになった。

自分が望む方向へ結果を導こうと、強くコントロールするほど、

思いがけない結果になった時に、苦しい。

でも、その意外な成り行きに、実は、自分が想像しなかった幸運が隠されているかもしれない。

そう考えられると、どうなっても大丈夫と、心が軽く、

以前よりも、楽に生きられるようになった。

時には、神にゆだねてみる。


高血圧とモリンガ


高血圧だった方から、モリンガを毎日食べるようになって、血圧が下がったという声を多数いただいています。

その下がり方が如実だったので、驚かれる方も。

そして、下がり続けるわけでも、必要以上に下がるわけでもないところが、モリンガという食べ物のすごいところです。

やっぱり、小さな積み重ね、毎日続けることが体質改善では重要です。

私は、医師ではないので、降圧剤を飲むのはやめて下さいとは言えませんが、自分の親には絶対飲ませたくないです。

モリンガの摂取量を増やすように勧めます。

高血圧は、老化現象の一つです。

加齢とともに、硬くなった血管は収縮しにくくなるので、体の隅々にまで血液を送るのが難しくなります。

そのため、血圧を高くして、血流を良くしようとするのです。

それを薬で無理に下げてしまうと、酸素や栄養が十分に行きわたらず、体調を崩してしまいます。

高齢者の場合、認知症の原因にもなっていると言われています。

食べ物で体質改善する場合には、無理矢理下げているのではなく、体の調子に合わせて自然と血圧が下がるので、薬で下げるのとは異なるのです。

 

降圧剤の薬を飲みながら、モリンガを食べても問題ないか?という質問には、

う〜ん、スプーン1杯ぐらいなら栄養補給程度なので問題ないですが、

私だったら、降圧剤を辞めて、モリンガを5g以上摂るなぁ・・・

その方の状況がわからないので、なんとも言えないですけどね。

モリンガを毎日20gとかものすごくたくさん摂るならば、

薬と併用しないほうが良いなとは思いますが。

どのくらいが適量かは、一人一人体質も違うので、難しいところ。

まずは、スプーン一杯(2g)ぐらいのモリンガパウダーから始めて、

様子を見て多くするなど、調整しながら、自分の体の反応を見て楽しんでみて下さい。


不細工もご愛嬌?


打錠障害について、お客さまからは、「あっても、可愛くていいじゃん」「クオリティに問題ないなら、何も気にならない」という声をいただき、有り難いです。

不細工もご愛嬌?

やきもきしながら連絡を待っていましたが、最終的には、杵つきの問題は、問題ないレベルにおさまり、ホッとしました。

不揃いでも、不細工でもなく、可愛いくできました。

手のかかる子ほど可愛いって、こういうことなのね。

言われないと、全くわからないと思います。

言われてみて、「あぁ、確かにこれか」と名残がうっすら見えます。

わかりますかね?クローズアップしないと、写真だとわかりません。

1日3g(タブレット12粒)ぐらいでも、敏感な方は体調の良さを感じる人もいらっしゃいますが、やっぱり反響が多いのが、5g-10gぐらい摂った場合かなと思います。

今の粒の大きさは、飲み込む時に喉に突っかからないということで決定したのですが、多くの方が、1日20粒超を摂っているので、そうなると、打錠の大きさを大きくするのもありなのかな?と考えています。

形状によっては、大きくても、喉にかかる感じが軽減されることもあるのかな?と。

ただ、形状に関しては、増粘剤を使わないとなると、技術面で色々と制限されることもあるので、そこは工場と相談してみないとわからない難しいところかなと思います。

タブレット90もバンバン出ていっていたので、品薄に考慮して、私自身、ここのところモリンガを飲み控えしており(笑)、すると肌の乾燥や睡眠の質に影響が出てきて、やっぱり、モリンガの力はすごいなぁと実感しています。

これからは、遠慮なくバンバン飲んでいきましょう(笑)


自然製品って難しい


安定的にタブレットを生産するために、タブレットの形状や他のオプションも含めて模索することを、製造工場側とも話し合うことになりました。

次回もどんなことになるのか、案外問題なくすんなりできるかもしれないし、今回、硬度には問題なかったけれど、今度は硬度に問題が生じるかもしれないし、やってみないとわからないという状況は危ないので。

杵つきといって、プレスの杵の部分に一部が付いてしまう状況が、当初よりかは大幅に改ざんされたという連絡を受けました。

ただ、多少、出てしまうかもしれないということで、今から、他の方法をとなると、いつ製品が出せるかも見込めず、何か増粘剤を使うとなると、同じ製品ではなくなくなってしまい、表示修正も入ります。

今は、連絡待ちで、どうなったか祈るばかりですが・・・

「無事、問題なくできました!」という報告が入れば一安心なのですが。

不揃い野菜みたいなもので、製品自体の中身には問題ないので、私も含め、飲む側からすると、「別に容量変わってなくて、飲めればいいよ」と思う人が多いと思うので、今回は、多少不揃いがあっても、このままでいくようにしたいと思います。

オンラインショップで直接購入される方は、説明すればご理解いただけると思うのですが、卸の場合が問題ですよね。

これまで完璧な同形状の最終製品に慣れている方からすると、「不良品!?」って思ってしまうだろうし。

食品加工の歴史は、こういうことから問題が生じないように、食品添加物が開発されて、どんどん便利なように、どんどん食品添加物を使っていくようになって、今では、添加物なしにどんな製品もできないようになったのだろうなと、身にしみて感じました。

パウダー作りには苦労したけれども、パウダーが出来上がった後は、タブレットはさらっと苦労なくできたから、こんなこともあるとはなぁ・・・

毎回毎回、こんなことになるともたないので、今後の対応も協議していきます。

 

 


打錠障害発生により、再入荷遅延


スキンケアでも食品でも、添加物を使わず、自然なものを製品にする難しさは、

これまでも身にしみていましたが、今回、またそれを実感することが。

1週間ぐらいの在庫切れで、モリンガタブレット360粒入りが再入荷できるかなと思いきや、

なんと、打錠障害が発生してしまいました。

打錠障害って何かというと、上手くプレスだけで打錠にならないのです・・・><

増粘剤を使えば、このような問題は起きないのですが、

天産物は、ロットブレがどうしてもあるため、このような事態も発生してしまうのです。

具体的には、杵つきと言って、杵の部分に錠剤の一部が付着し、割れてしまう現象が起きています。

はっきりした原因はわかりませんが、この天候、湿度なども関係するのかなぁ?

圧力や、粉末の粒度や水分量を調整したりして、解消できるように取り組んでいます。

こういうことがあるから、安定供給するために、大手化粧品会社や食品会社は添加物を使うのですよね・・・

増粘剤が必ずしも悪いわけではありませんが、「自然さにこだわり無添加」であることをモットーにしている以上、工場にも頑張ってもらって、何とか問題を解決して、商品をお届けできるようにしたいと思っております。

そのため、今月中旬入荷予定が、月末まで遅れそうです。

申し訳ございません。

体質改善や療養中のため、1日30-40粒単位で飲まれている方もいて、

お得な360粒入りをお待ちいただいている方もいらっしゃいます。

90袋4つで、360粒分になります。

数に限りがありますが、会員の皆さまには、同じお値段で提供できるよう、現在、オンラインショップのページを調整中です。

調整整い次第、JUJUBODYオンラインショップ会員様には、メルマガにてご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 


オランダ旅行をする方へ


これからオランダへ旅行する方の参考になるように、

これまでとちょっと変更があったことと、一般的なアドバイスをまとめてみました。

1) オランダで初めてUBERを使ってみました。

オランダは、日本のように世界でもタクシー料金が高い国として有名です。

公共交通機関が発達しているので、アムステルダムでは車は必要ないですが、

空港ホテル間は、石畳を重い荷物を引きずって、トラムを乗り継ぐのは面倒という方。

UBER だと半額近くになり、とってもお得。

しかし、需給によって、値段が「普段の1.8倍です」などと変化するので要注意です。

え!?さっきの金額の倍じゃん!と思って、

1分もせずに、見てみると、値段がまた下がっていたりするので、

慌てて、料金確定しないことが、ポイントです。

2) スキポール空港では、液体の持ち込みが可能に!

出国前に、慌てて飲み物を飲み干したり、捨てたりしなくてOKです。

ビックリ。

何の最新機械導入したのかしら?

さて、ここからは、一般的なアドバイスです。

1) Coffee Shop とカフェの違い

Coffee shopは、コーヒーやクッキーも食べられますが、マリファナを嗜む場所です。

カフェは、通常の私たちの知るカフェ。

コーヒーに胃が疲れたら、オススメしたいのは、

フレッシュミントティーとフレッシュオレンジジュース。

ミントティーには、蜂蜜と、たまに小さなクッキーやストロープワッフルなどついてきます。

大抵、どこのカフェでもある定番メニューです。

そして、カフェは、どこでもFREE WIFIを提供してくれるので、便利です。

2) オランダの夏

オランダの夏は、10時過ぎまで明るく、とても美しいです。

ただし、8月以降は、気候が不安定になり、日中でも気温が15度になることもあります。

夜は、気温が下がりますし、

ユニクロの薄いダウンのような羽織ものは持って行った方が良いです。

3) レストラン

大通り沿いにあるレストランの味は、期待しないでください(笑)

メニューに写真があることもありますが、あくまでイメージ写真で、実際の食事とは異なります。

シーフードスパゲティなんて、シーフードが写真と比べて小さすぎ、麺が伸びています。

わかってはいても、ここは違うかも?なんて淡い期待を抱いて、私は何度も玉砕しています。

エッグベネディクトとか、あまり外れのないメニューをお勧めします。

4) OVチップカード

街中を観光でぐるぐる回る予定がある方は、空港で、OVチップカードを購入しましょう。

日本でいう、SuicaやPasmoみたいなもので、電車やトラムに乗るのに必要です。

日本のように、チケット販売機は現金やコイン対応しないところが多いです。

そのため、予め、ディポジットを入れておくことをお勧めします。

ちなみに、スキポール空港からアムステルダム中央駅までは、空港直結の電車で15分ぐらい。

空港からのアクセスが非常に良いです!

 


天草モリンガ収穫祭で講演します!


8月24日(土)、天草モリンガファームで行われるモリンガ収穫祭にて、

『奇跡のモリンガ』で、最強の健康生活&アンチエイジングというテーマで、講演会をします!

9:30に集合し畑へ移動、モリンガ収穫体験後、モリンガを使った昼食バイキング、講演、15:30解散という丸一日、モリンガ漬けのコースです。

天草モリンガファームを運営する四方田さんは、

日本で最初にモリンガの栽培を始めた日本のモリンガ事業の草分け的な方です。

モリンガの素晴らしさを日本中の方にもっと知ってもらいたいという想いで、

オープンに、モリンガ栽培方法を伝授したり、知識を共有してくださっています。

私も、日本で育つモリンガを見るのも初めてですし、

生のモリンガの葉を使ったお料理も、とっても楽しみ!

ちょうど、夏休みの時期ですし、ご興味ある方、

ぜひ、直接、天草モリンガファームさんにお問い合わせください。

詳しくは、下記リンクをご覧ください。

大山知春氏講演会2019

収穫体験2019 (1)


いつからオルタナティブ医療になったのか?


『奇跡のモリンガ』発売後から届く、

「本当にモリンガ奇跡的! 」という事例をガーナのスタッフにシェアしていたら、

こんな話になりました。

78歳のカールのお父さんは、腎不全手前でガンの疑いもあることから手術して、腎臓を1つ摘出。

しかし、その手術の際に、医師のミスで大腸の神経が傷つけられ、大腸の機能に問題が生じてしまいました。

消化できないので、まともに食事ができず、術後は、みるみる痩せて、骨と皮だけに。

手術前までは、元気だったのです。

医師ができることは何もないという状況になり、ハーバルクリニックを頼りました。

すると、薬草のセットが一式送られ、

これを摂っていればあとは普通に食事をしていいと2ヶ月継続。

その後、病院で検査をすると、「こんなに数値が改善するのはあり得ない!」と、再検査までされた。でも、結果は同じ。

結局、がんは他にも転移しているようで、最初に、ハーバルクリニックで治療をしていたら、年齢を考えてもガンと共生しながら生きるという選択肢をとり、この先10年、辛い思いもせず、元気に生活できたのではないか?と。

みんな最初に西洋医学にいき、どうしようもなくなると、オルタナティブ(代替医療)へ行きつきますが、慢性疾患は、最初にオルタナティブを試すべきではないか?という結論に至りました。

そもそも、このオルタナティブ医療と今言われるものは、先人たちの長年の知恵の結晶でもあり、

むしろ、これが本来主流だったのです。

マラリアだって、ずっと存在してきたけど、自分の免疫力とハーブで彼らは治療してきたのです。

(もちろん、免疫力た低い人は助かりませんが)

いつから、オルタナティブ医療になったのでしょうか?

西洋医学が入ってきたときに、一切を否定され、人々も自分たちの伝統や知恵をないがしろにするようになってきたけれども、今こそ、その価値を見返すべきではないでしょうか?

それは、西洋医学を否定するものではなく、どちらもそのメリット・デメリットを理解した上で、活かしていくべきだと思うのです。

そもそも、人は、食べたもので体が作られています。

食べるもの、栄養の取り方に気をつけるという観点は、病気を治す上で無視できませんが、

西洋医学では、ほとんど語られることが、これまでありませんでした。

今回、ガーナの国立生薬研究所に行ってきました。

西アフリカ一の生薬研究施設で、治療にハーブを用いています。

『奇跡のモリンガ』執筆の際にも、現地スタッフに調査に行ってもらった場所です。

外来治療のみで、医師の問診、血液検査等の検査後、生薬を処方してもらいます。

その他に、生薬を使ったプロダクトの有効性を認証してもらうこともできます。

ここに集まっている知識を体系化したら、とっても有意義だろうなと、

訪問して大きな可能性を感じました。

なんだか、ワクワクしてしまいます。